Look 695 ZED2 クランクに ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリングを装着

Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ
その - 09

ZED2 クランクに ROTOR Q-RINGS
オーバルチェーンリングを装着
 
Look 695 Light に付いている、ZED2 クランクのチェーンリングを『ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリング』に交換した。
 
ZED2クランクは、【 PCD 110 】の場合クランクの芯 と ボルト穴 が、『ズレ』ている。
ZED2クランクは、クランクの芯 と ボルト穴 が、『ズレ』ている
 
以下、ZED2 クランクのチェーンリングを換装した記録。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
ZED2 クランク の取外し方
 
クランクを止めているリングに、小さいボルトが付いている。
クランクを止めている、リングのボルト
 
この、リングボルトを緩める。
クランクを止めている、リングのボルトを緩める
 
ボルトが緩んだら、手で回して行けば外れる。ワッシャーがあるが、BB側に付いたままとなっている。
手で回してゆくと、外れる
 
リングを外したノンドライブ側から、クランクを押すと、ドライブ側に抜ける。
ノンドライブ側からクランクを押すと、ドライブ側に抜ける
 
ドライブ側からBBの中を通して、クランクを抜き取る。左右が合体したBMXみたいなワンピースクランクになっている。
ドライブ側から、クランクを抜き取る
 
クランクが抜けた、BBの状態。LOOKの独自規格「BB65」で、直径が 65mm もある。写真のノンドライブ側は、ベアリングがフレームに圧入されている。
クランクが抜けた、BBの状態
 
ドライブ側は、ZED2クランク自体に圧入のように固定されている。
ドライブ側は、ZED2クランク自体に圧入のように固定されている
 
 
ZED2 クランクのチェーンリングを取外す
 
ZED2 クランクの【チェーンリングボルト】は、黄緑色のボルトだけアーレンキーになっている。
黄緑色のボルトだけアーレンキーになっている
 
取り外したチェーンリングの表側。
取り外したチェーンリングの表側
 
取り外したチェーンリングの裏側。
取り外したチェーンリングの裏側
 
チェーンリングを取り外したクランク。【チェーンリングボルト】の使用位置で【 PCD 130 】と【 PCD 110 】が選択できるようになっている。
 
 
『ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリング』購入品
 
Rotor(ローター) Q-RINGS AERO 110 PCD COMPACT ROAD 50T OCP1-4 アウターチェーリング。
Rotor(ローター) Q-RINGS AERO 110 PCD COMPACT ROAD 50T OCP1-4 アウターチェーリング
 
Rotor(ローター) Q-RINGS 110 PCD COMPACT ROAD 34T OCP1-4 インナーチェーリング。
Rotor(ローター) Q-RINGS 110 PCD COMPACT ROAD 34T OCP1-4 インナーチェーリング
 
 
『ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリング』の取付
 
ZED2クランクは、【 PCD 110 】を使用する場合、クランクの芯 と ボルト穴 が、『ズレ』る。
ZED2クランクは、クランクの芯 と ボルト穴 が、『ズレ』ている
 
従って、【 OCP3 】の位置でセットしたいが、そのまま取り付けるとズレる。
【 OCP3 】の位置でセットしたいが、そのまま取り付けるとズレる
 
幸いなことに、少しズレた位置に【 OCP1 】がある。
少しズレた位置に【 OCP1 】がある
 
Rotor Q-RINGS 110 PCD COMPACT 34T OCP1-4 インナーチェーリング。
Rotor Q-RINGS 110 PCD COMPACT 34T OCP1-4 インナーチェーリング
 
元のインナーギアから、ワッシャーとナットを外し Rotor Q-RINGS のインナーに取り付けて行く。外しにくいので、ワッシャーの切れ目にマイナスドライバー入れて広げながら外す。(この時に、0.5mm厚 チェーンリング スペーサーを加える ・・・ 後述。)
インナーギアからワッシャーとナットを外す
 
インナーの【 OCP1 】の位置にナットをセット。
インナーの【 OCP1 】の位置にナットをセット
 
Q-RINGS のインナーとアウターチェーリングを装着。
Q-RINGS のインナーとアウターチェーリングを装着
 
【 OCP1 】の位置で【チェーンリングボルト】をセットすると、ほぼ【 OCP3 】の位置でセットした状態になる。
【 OCP1 】の位置で【チェーンリングボルト】をセットすると、ほぼ【 OCP3 】の位置でセットした状態になる
 
 
ZED2 クランクの装着
 
ドライブ側から、クランクを差し込む。
ドライブ側から、クランクを差し込む
 
角度を変えながらBBに挿入して行く。
角度を変えながらBBに挿入して行く
 
ノンドライブ側のクランクが出てくる。
ノンドライブ側のクランクが出てくる
 
クランクを止めるリングをセットし、締め付ける。
クランクを止めるリングをセットし、締め付ける
 
『ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリング』への換装完了。
『ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリング』への換装完了
 
『ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリング』装着状態。
 
チェーンの長さ。
チェーンの長さ
チェーンの準備。
106 + 2 = 108 リンク必要。
新品のチェーン = 116リンク 116 - 8 = 108 リンク。
クイックリンクを使用するので、チェーンの右から【 9リンク 】カット
 
 
ZED2 クランク の チェーンライン に関する問題点
 
ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリングを装着し、フロントがインナーで、リアをトップにした時、チェーンがフロントのアウターに当たり乗り上げようとする。
 
解決策:0.5mm厚 チェーンリング スペーサーを入れる。
 
 
Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ が完了した状態
 
 
オーバーホールとカスタマイズが完了した状態
 
 
 

 

以上。
(2018.06.10)

 

 

スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 近畿サイクリングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください