滋賀県の桜の名所 鮎河千本桜 を見に行く

滋賀県のサイクリングコース
25-021 鮎河千本桜(うぐい川)と野洲川河畔岩上橋付近の桜 約 38㎞
 
桜が楽しめる期間は短い。特に今年は名所の満開日が重なり、短期間に集中して出かけねばならず忙しい。滋賀県の桜の名所『鮎河千本桜』も予想より5日も早く4月5日に満開になったようだが、まだ大丈夫ではないかと「一縷(いちる)の望み」を抱いて出かけた。
 
鮎河千本桜
 
青土ダム(おおづちダム)エコーバレイ 駐車場を起点・終点とし、 鮎河の千本桜だけでなく、野洲川を少し下った岩上橋付近の桜も観ることにした、野洲川河畔を巡る 約38Km のコース。(新名神高速道路 甲賀土山IC からが近い。)
以下、鮎河千本桜(うぐい川)と野洲川河畔岩上橋付近の桜を記録。

街道をゆく『1-1. 湖西のみち』を走行

街道をゆく『1-1. 湖西のみち』
滋賀県のサイクリングロード
25-011 近江今津~足利庭園~浜大津 約82km
 
司馬さんの『街道をゆく』は、この湖西のみちからスタートする。旅の始まりに相応しく、朝鮮半島から渡来した人々が多く住んだという湖西地方に、新羅とのつながりを探すというものである。
 
足利庭園:興聖寺(こうしょうじ)
 
浜大津から近江今津まで輪行し、近江今津よりスタート 。
以下、『1-1. 湖西のみち』のポイントと写真。

海津大崎の桜 を満喫するロードバイクコース

海津大崎の桜
滋賀県のサイクリングコース
海津大崎の桜 距離 片道 約16Km
 
海津大崎の桜並木。
海津大崎の桜
 
「日本のさくら名所100選」にも選ばれている。
樹齢80年を越える老桜から次世代へ引き継ぐ若木まで約800本の華麗なソメイヨシノがびわ湖岸延々約4kmにわたり桜のトンネルをつくります。
例年の見頃は4月10日前後となり、近畿圏では遅咲きの桜名所として知られている。
海津大崎は、琵琶湖八景「暁霧・海津大崎の岩礁」としても知られる景勝地で、びわ湖随一の岩礁と、湖の碧、遠くに望む竹生島、その景色のコントラストは美しく毎年多くの花見客で賑わう。

彦根からマキノへ 奥琵琶湖を巡る

滋賀県のサイクリングコース
25-001 彦根~マキノ 約73㎞
 
彦根城。
彦根城
 
湖西線・マキノ駅 から近江塩津まで行き、ここで北陸本線に乗り換えて彦根まで輪行。彦根駅から琵琶湖の湖岸道路に出て北上し、奥琵琶湖パークウェイを経てマキノへ戻るコース。
終盤の、奥琵琶湖パークウェイのアップダウンがきつい。