桜を求めて『嵯峨散歩』コースを走って来た

街道をゆく『26-1. 嵯峨散歩』
京都府のサイクリングコース
26-006 嵯峨散歩 約 32㎞
 
東京では、平年より10日も早く満開を迎えたようだ。桜の開花予想を見ていると、京都が大阪より比較的に早かったので、2018年、今年の桜は京都の嵯峨野から始めようと、街道をゆく『26-1. 嵯峨散歩』コースに出かけたが、嵐山は五分咲き、天龍寺は七分咲き、と少し早かった。
 
 
京都市内には長く止められて、且つ安い、適所な駐車場がない。仕方なく、少し離れた【上桂】からスタートすべく、「Timesタイムズ上桂駅前第2」駐車場を起点・終点とした。
以下、街道をゆく『26-1. 嵯峨散歩』に、欲張って『桜』を付け加えた記録。

背割り堤の桜 京都八幡 淀川河川公園背割堤地区

ロードバイクで訪ねた 桜の名所
背割り堤の桜
26-014 枚方~京都八幡 背割り堤の桜見学 約38km
 
淀川河川公園背割堤地区の桜。
所在地:京都府八幡市
木津川と宇治川を分ける背割堤にある、1.4kmの桜のトンネル
例年の見頃:4月上旬
さくらの本数:約250本(ソメイヨシノ)
人気度:全国3位 京都府内で1位)