走行中にリアディレーラー RD-6700-A GS の根元が折れる

ロードバイク + コンポーネント
リアディレーラーの破損
 
坂道でトルクをかけた時、いきなり破損。
以前、落車が原因でディレーラーハンガーが折れ、リアディレーラーが曲がった経験はあるが、ディレーラーハンガーが曲がり、リアディレーラーが折れるとは・・・初めてのトラブル。

・リアディレーラーを取り外す
・チェーンを切り短くして接続
・リアの変速機なしで帰宅
 
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
GIOS BALENO RD-6700。折れる前の状態。
スプロケット:CS-M771 10s 11-34T
リアディレイラー:RD-6700-A GS 10s
 対応リアスプロケット 最大/最小 30T/11T
 キャパシティ 40T
レバー:ST-6600G ULTEGRA 10s
 
 
超ワイドレシオにした『34T』が原因なのか?
 
 曲がったディレーラーハンガー。このような部品は『予備』をストックしていないと入手が困難。
 
その後、RD-5701-GS に交換。
 
交換後。キャパシティが小さくなったが、問題なく使用できている。
スプロケット:CS-M771 10s 11-34T
リアディレイラー:RD-5701-GS 10s
 対応リアスプロケット 最大/最小 32T/11T
 キャパシティ 37T(ダブル)
レバー:ST-6600G ULTEGRA 10s
 
参考:
 

以上。
(2015.08.15)

 

 

スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 近畿サイクリングへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください