穏やかな春の海 潮風に吹かれて 岬を一周

大阪府のサイクリングコース
27-081 岬一周 約43km
 
季節の良いこの時期に、大阪府の中で最も南西にある峠「猿坂峠」と「大川峠」を走破する目的で、穏やかな春の海・爽やかな潮風に吹かれて、大阪最南端の岬を一周した。
 
連絡橋を渡った先にある軽食スペース「とっと食堂」。
 
時計回りに一周すると、海岸線は追い風になり快適に走行できた。

大川峠(おおかわとうげ):和歌山の県道65号(岬加太港線)

関西の峠:ヒルクライムコース
大川峠 約 4㎞
平均斜度 7% 最大斜度 10%
 
大川峠プロフィール(和歌山方面~大阪方面)。
 
 
 
和歌山県の県道65号(岬加太港線)の、深山湾から大川までのコースで、現在はトンネルが開通しているが、旧道にあるのが大川峠。
現役の県道だった2車線路が車両通行止めで、車が来ることを全く気にすることなく、左車線でも右車線でも好きな方を走れるのは、なんとも気持ちが良いことか。

孝子峠(きょうしとうげ):大阪の府道752号(阪南線:紀州街道)

関西の峠:ヒルクライムコース
孝子峠 約 7.6㎞
平均斜度 5%の 緩やかな峠
 
孝子峠プロフィール(大阪方面~和歌山方面)。
 
 
大阪府岬町の府道752号(阪南線:紀州街道)の深日から、和歌山県の県道146号と交差点の梅原までのコース。 
孝子越街道を継承する道路は、長らく国道26号に指定されていたが、2017年4月1日の第二阪和国道開通に伴って、和歌山県道・大阪府道752号和歌山阪南線へ移管され、車の通行量が大幅に減り、自転車でも問題なく走れるようになった。

猿坂峠(さるさかとうげ):大阪の府道751号(木ノ本岬線)

関西の峠:ヒルクライムコース
猿坂峠 約 4㎞
平均斜度 7.4% 最大斜度 10%
関西ヒルクライムTT 峠の難易度:D
 
猿坂峠プロフィール(大阪方面~和歌山方面)。
途中の甲山の方が標高が高い。
 
 
大阪府岬町の府道751号(木ノ本岬線)の三輪神社辺りから、和歌山県の県道146号(西脇梅原線)との交差点の信号までのコース。
 
甲山を下って途中の県境にあるのが猿坂峠。
 
甲山に上るまでの道は狭いが、猿坂峠は全線2車線で道幅も広く余裕もあり、且つ、車の通行量も少ない。
舗装も中間に減速帯が多くありガタつくが、それ以外は非常に良好。

竹内街道 起点の堺・大小路交差点から葛城・長尾神社までの詳細

大阪府のサイクリングコース
27-061 竹内街道(たけのうちかいどう)約 26㎞
 
司馬さんの街道をゆく『1-2. 竹内街道』は、奈良県側が中心になっているが、大阪府側の起点である【堺市の大小路交差点】から【奈良県葛城市の長尾神社】に至る 約26 km の『 現在の竹内街道 』を写真で記録しながら走ってみた。
 
竹内街道
大小路交差点 から 長尾神社 に至る『 竹内街道 』。
 
以下、写真で記録した『 現在の竹内街道 』の詳細。

古市古墳群 + 大ケ塚 + 源氏三代の墓 を巡る

大阪府のサイクリングコース
27-029 古市古墳群・大ケ塚・源氏三代の墓 約32㎞
 
大坂の東南部、藤井寺市から羽曳野市にかけての、いわゆる『河内』には多くの古墳群=天皇陵がある。2013年にもこのコースを走行したが、世界文化遺産への登録を目指すことで脚光を浴びるようになったので、この機にもう一度と思い、出かけた。
 
 
これだけ多くの古墳群を、歩いて回るには ”シンドイ” が、自転車であれば余裕でもう少し距離が欲しい。そこで、大ケ塚と源氏三代の墓を付け加えてみると程よい距離のコースになった。
 
新大和橋を起点・終点に、古市古墳群を巡った後、大ケ塚へ行き、その後引き返して源氏三代の墓を巡るコース。約32Km。 
以下、このコースの詳細。

27-035 岸和田城~牛滝・いよやかの郷~ほの字の里~二色浜

大阪府のサイクリングコース
岸和田城の桜
27-035 岸和田城~牛滝・いよやかの郷~ほの字の里~二色浜 約 54㎞
 
2018年の桜ツーリング第三弾は、岸和田城の桜。桜の開花予想アプリ『桜のきもち』では満開予想が3月30日だったので、この日に合わせて出かける。岸和田城だけでは、ロードバイクで走るコースにならないので、泉大津市にある「サニーサイド松谷サイクル」さんの定番コースで紹介されていた、【牛滝蕎原(そぶら)ほの字のコース】を併せて走ってみることにした。
 
 
浜工業公園駐車場を起点・終点とし、久米田池を経由して牛滝温泉(うしたきおんせん)いよやかの郷と、蕎原(そぶら)ほの字里を巡るコースにした。

以下、岸和田と貝塚周辺の桜の様子を記録。

観心寺 と 近つ飛鳥の丘 観梅ツアー

大阪府のサイクリングコース
27-101_K3 観心寺・近つ飛鳥の丘 観梅ツアー 約 15㎞
 
関西花の寺 25ヵ寺の第25番は、観心寺の『梅』になっている。2月の末に走った【近つ飛鳥博物館】には『梅林マップ』という看板があり、「近つ飛鳥を梅いっぱいに」する植樹活動がなされていた。道明寺天満宮にも梅林がある。ということで、梅を見るには一番いい日ではないかと出かける。
 
石川サイクリングロードの彼方交差点にある、セブン-イレブン富田林瀧谷不動店をスタート地点とし、観心寺からR211、R27を経て、近つ飛鳥風土記の丘に行き、石川サイクリングロードに戻るコースを辿った。
 
以下、観心寺の『梅』と近つ飛鳥博物館の『梅林』の様子。

向春の1日 近つ飛鳥の里 太子探訪に出掛ける

大阪府のサイクリングコース
27-103_G1-13 近つ飛鳥博物館 約 24㎞
 

向春の1日 、暖かく澄み渡った空だったので、いつものコースをただ走るだけでなく脇道にそれて、磯長谷(しながだに)にある古墳群と、近つ飛鳥博物館を巡ってきた。

近つ飛鳥博物館:平成の古墳(安藤忠雄氏の代表作のひとつ)。
大阪府立近つ飛鳥博物館

石川に懸かる『臥龍橋』を、起点・終点とするコース。
【南河内グリーンロード】の起点となる駒ヶ谷北から入り、
【道の駅 近つ飛鳥の里・太子】から脇道にそれて古墳群を散策した後、
【近つ飛鳥博物館】を訪れ【近つ飛鳥風土記の丘】を抜けて、
中世の自衛村落【大ケ塚寺内町(だいがつか じないまち)】を巡る。

富田林 寺院巡り ミニヒルクライム

大阪府のサイクリングコース
27-101_K1 河内長野コース
富田林 寺院巡り 約 21㎞
 
紅葉真っ只中、夕陽に照らされる龍泉寺。
龍泉寺
 
走るだけのいつものコースを観光案内で調べてみると、周辺には歴史のある寺院が多くあり、一度は見ておかねばと訪ねてみた。
彼方児童公園をスタートし、5か所に立ち寄り(短いながらも激坂を踏破する必要あり)、再び彼方児童公園に戻るコース。