ランドナーを 街乗り用に 大改造した

ロードバイク メンテナンス
ランドナーを 街乗り用に 大改造した
 
日常用には「GIOS Figaro」というミニベロに乗っているが、最近【 451 】というタイヤサイズとギアの歯数との組み合わせに違和感を感じるようになった。そこで、天井裏に「大事」に保管してきた、40年以上前のランドナーを引っ張り出し、これを街乗り用に大改造し、日常用として使って見ることにした。
 
改造前のランドナー
改造前のランドナー
 

ロードバイク 変速方法 ギアの変え方

ロードバイク + ライディングテクニック
シフトチェンジの仕方
 
ギア比。
クランクの1回転に対して、後輪が回る比率をギア比という。
ギア比が3とは、クランク1回転 で後輪が3回転する、ということ。
 
前後のギア比が、
小さければ:クランクを回す力は、軽くて良い。
大きければ:クランクを、ガシガシ踏まなければならない。
 
クランクとスプロケット
 
以下、シフトチェンジの基本について記す。

知らなかった LOOK KEO メモリークリップ

ロードバイク + ペダル + クリート
LOOK KEO
クリートには「メモリークリップ」が付いている
 
LOOK KEOのメモリークリップなるものを、今日の今まで知らなかった。新しい「KEOブレード」のペダルを購入し、箱から付属のクリートを取り出した時に【 MEMORY ADJUSTMENT 】に目が留まり、説明文を読んでみることになる。
 
LOOK KEO メモリークリップ
 
以下に、KEOクリートについている「メモリークリップ」の使い方を記す。

チューブレスタイヤの交換

ロードバイク + ホイール + タイヤ
チューブレスタイヤの交換要領
 
チューブレスタイヤは、装着してから一度もパンクしたことがなく、通常用のタイヤとして長年使用している。ここにきて、タイヤにヒビが入ったり、割れ目が目立ってきたのでで交換することにした。
 
交換するタイヤは、『最新のモデルは、当時から考えられないほどはめ易いタイヤになっています!』と噂の【 IRC FORMULA PRO TUBELESS RBCC 】にした。
考えられないほどはめ易いタイヤ
 
以下に、チューブレスタイヤの交換要領を記録。

スポークテンション調整で ホイールが蘇る

ロードバイク + ホイール
スポークテンション調整
『WHEEL TENSION APP』の使い方
 
ホイールは長く使用していると、スポークのテンションが緩んでくる。スポークテンションが緩むと、振れが出るだけでなく、反応が鈍くなったり、力が逃げたりして、本来の性能が発揮できず、乗り心地や安全性にも影響が出てくる。
 
スポークテンション調整の目的。
①.緩んだスポークのテンションを調整し、剛性を元に戻す。
②.全てのスポークのテンションを均一化する。
③.テンションを上げ、キビキビした走りにする。
 
ParkTool 『WHEEL TENSION APP』での、テンションバランス
 
以下に、スポークテンションの調整要領と、ParkTool 『WHEEL TENSION APP』の使い方を記録。

Look 695 ZED2 クランク チェーンが フロントのアウターに当たる

ロードバイク + コンポーネント
Look 695 ZED2 クランク チェーンリングの 間隔調整
 
症状:
Look 695 ZED2 クランク に、ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリングを装着し、フロントがインナーでリアをトップにした時、チェーンがフロントのアウターに当たり乗り上げようとする。
 
リアをトップにした時、チェーンがフロントのアウターに乗り上げようとする。
 
以下に、この解決策を記す。

ホイールの 振れ取り と バランス調整

ロードバイク + ホイール
振れ取り と バランス調整
 
パークツールの振れ取り台 TS-2
 
1. ホイールの振れをとる
振れがあると、
・車輪の回転面とフレームの芯(センター)が一致せず走行抵抗が大きくなる。
・ブレーキの調整が正確に出来ない。
等、自転車が左右,上下に動いて無駄なエネルギーを使うことになる。
 
2. ホイールバランスを取る
バランスが崩れると、
・かなりの振動が発生する。 この振動は、速度が上がるほど大きくなる。
・ハブの回転力にも影響がでる。
 
3. 手組ホイールを作る
昔は、自転車のことを「銀輪」とも言いました。 それは、ホイールが輝いていたからです。 そんなホイールを作って、自転車らしさを醸し出し、カッコよく乗りたいものです。
 
以下に、TS-2 の活用方法を記す。

ロードバイク の 軽量化

ロードバイク + カスタマイズ
ロードバイクの軽量化
 
軽量化』ロードバイクにハマると、一度はかかる麻疹のような病気。
いずれは治るが、一度かかって免疫を付けなければならない。
なぜ、どうしたら治るのかはわからないが、
・軽いから、速いわけでもない。
・軽いから、山が楽なわけでもない。
と、速く走る辛さ・山を登る苦しさが同じであると気づく頃から、症状が改善される。但し、費用対効果の問題で諦められる訳ではなく、新しいパーツを見る度に、軽くしたいという欲求だけは常に頭をもたげてくる。
 
フレーム + フォーク = 1,470g
 
以下、軽量化のポイントについて記す。

ロードバイクを 体に フィットさせる セッティング

ロードバイク + セッティング
ロードバイクを 体にフィットさせる
 
ロードバイクで、早く・楽に走るには、最適なフォームがある。
最適なフォームを作るには、サドル位置・ハンドル位置といった、各部位の位置決め=セッティングが重要である。
 
部位の位置決め=セッティング
 
以下、セッティング要領を記載。

自転車乗りのための サプリメントの種類と摂取のタイミング

ロードバイク + 補給と回復
サプリメントの種類と摂取のタイミング
 
長距離ライドを行う場合、
 ①.不足するエネルギー源である:「炭水化物(糖質)」。
 ②.カラダづくりに欠かせない:「たんぱく質」・「鉄」。
 ③.体調をキープするための:「ビタミンB群」・「ビタミンC」
の3つを、食事から摂取する必要があるが、これらを補給してくれる、サプリメントが用意されている。
 
サプリメントの種類
 
以下、サプリメントの種類と摂取実績を記録。