古市古墳群 + 大ケ塚 + 源氏三代の墓 を巡る

大阪府のサイクリングコース
27-029 古市古墳群・大ケ塚・源氏三代の墓 約32㎞
 
大坂の東南部、藤井寺市から羽曳野市にかけての、いわゆる『河内』には多くの古墳群=天皇陵がある。2013年にもこのコースを走行したが、世界文化遺産への登録を目指すことで脚光を浴びるようになったので、この機にもう一度と思い、出かけた。
 
古市古墳群 + 大ケ塚 + 源家墓 を巡る
 
これだけ多くの古墳群を、歩いて回るには ”シンドイ” が、自転車であれば余裕でもう少し距離が欲しい。そこで、大ケ塚と源氏三代の墓を付け加えてみると程よい距離のコースになった。
 
新大和橋を起点・終点に、古市古墳群を巡った後、大ケ塚へ行き、その後引き返して源氏三代の墓を巡るコース。約32Km。 
以下、このコースの詳細。

美濃國分寺

美濃國分寺:岐阜県のサイクリングコース
21-001 関ヶ原・垂井サイクリングコース 約32km
 
美濃國分寺。
所在地:岐阜県大垣市青野町419
山号:金銀山
宗派:高野山真言宗
本尊:薬師如来
創建年:(伝)天平9年(737年)
開基:(伝)行基
正式名:金銀山 瑠璃光院 国分寺 
 
美濃國分寺

街道をゆく『24-1. 近江散歩』関ケ原古戦場 と 寝物語の里に行ってきた

街道をゆく『24-1. 近江散歩』 その2
岐阜県のサイクリングコース
21-001 関ヶ原・垂井サイクリングコース 約32km
 
近江散歩の「寝物語の里」の章が記憶に残って忘れ難く、一度訪ねたいと思っていた。 関ヶ原辺りの地図を調べていると『関ヶ原・垂井サイクリングコース』という、歴史ある寺院や史跡と関ケ原合戦場を巡る、自転車にもってこいのルートが見つかったので、出かけてみた。
 
寝物語の里 石碑
 
東海道本線垂井駅近くまで車で行き、駅から少し離れたところにある「町営 垂井駅北駐車場」を起点・終点とした。
以下、関ヶ原・垂井サイクリングコースに、街道をゆく『24-1. 近江散歩』の『寝物語の里』を付け加えた記録。

ロードバイク 楕円リング の インナー で チェーンが落ちる

チェーンキャッチャー / チェーンフォールプロテクター
チェーン外れ 脱落防止 に
チェーンキャッチャー を取り付けてみた
 
今まで、チェーンが落ちることなど殆んどなかったので、脱落防止のプロテクターを付けたことがなかった。しかし、ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリングを導入してから、フロントをインナーにシフトする際、しばしばチェーンが外れるようになった。
 
K-Edge チェーンキャッチャー クランプタイプ (K13-010)
K-Edge チェーンキャッチャー クランプタイプ  (K13-010)
 
以下、K-Edgeのチェーンキャッチャーを取り付けた記録。

石光寺(せっこうじ) 関西花の寺 第20番:牡丹と芍薬

石光寺(せっこうじ)
大阪府のサイクリングコース
27-014 竹内峠~当麻寺~ふたかみパーク當麻~穴虫峠
 
石光寺(せっこうじ)。
所在地:奈良県葛城市染野387
山号:慈雲山
宗派:浄土宗
本尊:阿弥陀如来
創建年:飛鳥時代後期
開基:伝 役小角
 
石光寺(せっこうじ)

滋賀県の桜の名所 鮎河千本桜 を見に行く

滋賀県のサイクリングコース
25-021 鮎河千本桜(うぐい川)と野洲川河畔岩上橋付近の桜 約 38㎞
 
桜が楽しめる期間は短い。特に今年は名所の満開日が重なり、短期間に集中して出かけねばならず忙しい。滋賀県の桜の名所『鮎河千本桜』も予想より5日も早く4月5日に満開になったようだが、まだ大丈夫ではないかと「一縷(いちる)の望み」を抱いて出かけた。
 
鮎河千本桜
 
青土ダム(おおづちダム)エコーバレイ 駐車場を起点・終点とし、 鮎河の千本桜だけでなく、野洲川を少し下った岩上橋付近の桜も観ることにした、野洲川河畔を巡る 約38Km のコース。(新名神高速道路 甲賀土山IC からが近い。)
以下、鮎河千本桜(うぐい川)と野洲川河畔岩上橋付近の桜を記録。