信貴フラワーロードの 橋とトンネル 詳細

奈良県のサイクリングコース
信貴フラワーロードの 橋とトンネル 詳細 約 11㎞
 
登りは「ハァハァ」と言いながら必死で漕ぎ、下りは「ブォーーー」と息もせず一瞬で通り過ぎる。こんな走り方をしていると、周りの景色は見えているようでいて、殆んど見えていないものだ。
 
このところよく走る、平群町信貴畑の西和広域農道(信貴フラワーロード)には橋が幾つあるのか、数えながらゆっくり走ってみた。
 
休憩所越しにみる、信貴大橋
大門ダムから見る信貴大橋。
 
「信貴フラワーロード」には、5本から6本ぐらいと思っていたが、なんと【10本】もの橋があった。

榁木峠(むろのきとうげ):国道(酷道)308号線にある奈良県の峠

関西の峠:ヒルクライムコース
榁木峠(むろのきとうげ) 約 5㎞
平均斜度 10% 最大斜度 32%
 
榁木峠プロフィール(奈良市中町~生駒市小瀬町方面)。
榁木峠プロフィール(奈良市中町~生駒市小瀬町方面)
 
 
奈良市中町の「砂茶屋の交差点」から「富雄川を渡ったところ」をスタート地点とし、生駒市小瀬町の「小瀬町の交差点」、すなわち『暗峠』への起点を終点とするコース。
 
国道(酷道)308号線=「暗越奈良街道」の、大阪から奈良に越える『暗峠』の延長線上にある奈良県の峠で、『第二暗峠』ともいえるゲキサカがある。

矢田丘陵一周 ぶどう峠・白石畑・松尾寺・矢田寺・榁木峠・十三峠

奈良県のサイクリングコース
29-111 矢田丘陵一周 白石畑・松尾寺・矢田寺・榁木峠 約56㎞
 
矢田丘陵(やたきゅうりょう)は、奈良盆地の北西に位置する丘陵の総称で、西には生駒谷・平群谷が形成され、谷底を竜田川が流れる。東には西ノ京丘陵との間に富雄川が流れ、富雄谷を形成している。
 
本堂
松尾寺本堂。
 
この矢田丘陵を、白石畑から法隆寺に出て、斑鳩の里から、松尾寺・矢田寺と巡り、榁木峠(むろのきとうげ)を越えて戻るというルートで矢田丘陵を一周してみた。

布目川と布目ダムを巡る 奈良 山添村

奈良県のサイクリングコース
29-005 布目湖周回 約 26㎞
 
奈良県北東部、三重県との県境に位置する山添村。この高原の村に、ダム湖である「布目湖」がある。「布目湖」は、【ツアー・オブ・ジャパン 奈良ステージ】の一部で、1周10.1㎞のコースを12周する周回コースになっている。
 
ダムまほろば広場からの、布目湖の眺望
ダムまほろば広場からの布目湖。
 
プロのレーサーがどんなところを走ったのか、同じコースを走りに行った。

王寺 達磨寺を経由して 明神山に登る

奈良県のサイクリングコース
29-101 王寺 達磨寺・明神山 約 34㎞
 
7月・8月と、雨と高温のため屋外に出ることもなく、全く走る機会がなかった。9月に入っても35度を下ることはなく、我慢の限界を超えた9日・台風15号が関東を抜けた日を機に、近場を選んで出かけてみた。その結果は、サイコンの温度表示は37℃、坂を猛スピードで降下しても全く涼しさを感じることもなく、日焼け痕だけが赤く残る。
 
明神山の標高は高々 273.6mだが、風が通り抜けるせいか、日陰は意外と涼しかった。避暑には最適かも。
明石海峡方面を望む
明神山から明石海峡方面を望む。

街道をゆく『大和丹生川(西吉野)街道』柿山・柿畑の柿の中を走った

街道をゆく『8-3. 大和丹生川(西吉野)街道』
奈良県のサイクリングロード
29-0251 下市中央公園~R20~R138~R137~下市中央公園 約30km
 
毎年この時期になると、柿が鈴なりになった風景が思い出され、走りに行きたくなるコース。今年も、もう柿も終わりかと、最後のチャンスと思い出かけた。
 
simoichi11
 
下市中央公園まで車で行き、スタート & エンド。

馬見丘陵公園から大和郡山城を周遊 約32km

奈良県のサイクリングコース
29-032 馬見丘陵公園~大和郡山城 周遊 約32km
 
この日の朝は、雨がぱらついていたが思い切って出かける。走り始める頃は曇りだが雨が降る様子はなく、丁度良い気温で問題なし。午後からは日差しが出て暑くなった。
 
馬見丘陵公園まで車で行き、スタート & エンド。

車で、馬見丘陵公園の中央口の駐車場まで行き、ここからR132にでて大和川を渡り、富雄川の左岸(R108)から R9を経て大和郡山城に行く。その後、城下町を散策した後、田んぼが養殖池になった金魚が泳ぐ田園地帯を巡り、 佐保川の右岸に出て、南下して馬見丘陵公園に帰着。
 

街道をゆく『竹内街道』 神霊のふる森の道を走った

街道をゆく『1-2. 竹内街道』その1
奈良県のサイクリングロード
29-010 橿原神宮~石上神宮~大神神社~橿原神宮 約50km 
 
「神霊の宿るかのような景色だったであろう」と記された、古い地名の「布留(ふる)」から山の辺の道を走ってみることにした。
 
石上神宮
 
橿原神宮まで輪行し、スタート&エンド。石上神宮から大神神社までは、山の辺の道を走り、竹内街道を経て耳成山と天香久山、そして畝傍山と大和三山を巡る。
以下、竹内峠を除外した『1-2. 竹内街道』の記録。

街道をゆく『大和・壺坂みち』 時間がゆるやかに流れている地を巡る

街道をゆく『7-2. 大和・壺坂みち』
奈良県のサイクリングロード
29-011 近鉄飛鳥駅~壺坂峠~芋ヶ峠~近鉄飛鳥駅 約35km
 
大和・壺坂みち は、芋峠制覇を目的に一度走行したが、土佐の町並みはゆっくり散策したことがなかったで、土佐街道を中心に出かけた。
 
土佐街道
 
近鉄飛鳥駅の前にある駐車場まで輪行し、スタート & エンド。

街道をゆく『奈良散歩』兜率天を見てきた

街道をゆく『24-2. 奈良散歩』その1
奈良県のサイクリングロード
29-035 奈良散歩 約22km 
 
司馬さんの奈良散歩は、3月1日:東大寺、3月2日:談山神社、3月3日:興福寺となっているため、談山神社を別コースにし、奈良自転車道を主体とした奈良市内を巡るコースを『その1』として走ることにした。
 
興福寺五重塔と池の柳が水面に映える猿沢池の景観
 
薬師寺の南にある駐車場まで輪行し、スタート&エンド。南都七大寺(なんとしちだいじ)の内、5つの寺を巡ると同時に、奈良自転車道で平城宮跡も通るという、見どころの多いコース。
 以下、奈良自転車道による南都七大寺(なんとしちだいじ)の記録。