Look 695 E-Post の分解 と サドルの高さ調節

Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ
その – 02

E-Post の分解 と サドルの高さ調節
 
Look のシートポストは、普通のバイクと違ってサドル支柱がフレームと一体になったタイプで、ISP:インテグレーテッドシートポスト(E-Post)と呼ばれる独特の構造になっている。
 
楕円形のシートチューブがそのまま上に延びている。シートクランプは使用しない。
E-POST の高さ調節と分解
 
以下、E-Post の分解 と サドルの高さ調節要領を記載。

スポンサー リンク

 
E-Post と サドルの装着状態
オーバーホールとカスタマイズ前の状態
 
 
E-POST の取外し方
 
ここにあるねじを緩めると、上にズボット抜ける。
ここにあるねじを緩めると、上にズボット抜ける
 
E-POST が抜けた。
E-POST が抜けた
 
抜いた E-POST とサドル。
E-POST の固定
 
E-POST の重量。216g。
E-POST の重量
 
 
E-POST の高さ調節と分解
 
購入時は、長いシートチューブが付いている。付属の金具を取り付けて金切鋸で切断し、好みの高さに調整するようになっている。切断後は、スペーサーを入れて【 Max 30mm 】くらいしか高くできないので、ポジションが固まっていない者には向かない。
E-POST の高さ調節と分解
 
シートチューブの切断には、最低限必要なシートチューブの長さがある。
695の場合:
XS=485mm、S=510mm、M=545mm、L=580mm、XL=600mm
 
最低サドル高の算出は、上記の値に約90mmのE-POST長+サドルの厚みで算出する。
例)695のXSサイズで40mm厚のサドルを使用した場合、
  485+90+40=615mmが最低サドル高となる。
例)695の Mサイズで40mm厚のサドルを使用した場合、
  540+90+40=670mmが最低サドル高となる。
 
切断後は、紙やすりで切断面を整え、瞬間接着剤を塗って保護する。
E-POST の高さ調節と分解
 
スペーサーを入れて、高さを調節する。
スペーサーを入れて、高さを調節する
 
付属のスペーサー。
1cm×3、5mm×1、2.5mm×1、1.25mm×1の6種類
 
エラストマーを替えて、好みの剛性でライディングする。
黒:硬い
赤:普通 ・・・ 赤いラインがアクセントになるので、これを選択。
グレー:柔かい
 
 
サドルの交換
 
Look 695 Light の色に合わせ、『 Prologo Scratch Nack 』の白色を選択。
 
『 Prologo Scratch Nack 』173g。
Prologo Scratch Nack
 
 
E-POST の取付 と サドルセッティング
 
サドルセッティング:水平にし、少し前よりにセットした。
サドルセッティング:水平にし、少し前よりにセットした
 
E-POST と『 Prologo Scratch Nack 』。
E-POST と『 Prologo Scratch Nack 』
 
サドルの高さとレバーまでの距離。
サドルの高さとレバーまでの距離
 
A:BB中心 ~ サドル上面基準点間距離 = 710mm(スペーサー無し)
D:サドル先端 ~ フーデッドラバー間距離 = 630mm
 
 
Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ が完了した状態
 
Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ の完了
オーバーホールとカスタマイズが完了した状態
 
 
 

以上。
(2018.06.01)

 

スポンサー リンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください