Look 695 ZED2 クランクの分解 と オーバーホール

Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ
その – 06

ZED2 クランクの分解 と オーバーホール
 
Look 695 Light に付いている、ZED2 クランクの分解とオーバーホールをやってみた。
 
ドライブ側は、ZED2クランク自体に圧入のように固定されている
 
以下、ZED2 クランクの分解とオーバーホール要領を記録。

スポンサー リンク

 
ZED2 クランク の取外し方
 
クランクを止めているリングに、小さいボルトが付いている。
クランクを止めている、リングのボルト
 
この、リングボルトを緩める。
クランクを止めている、リングのボルトを緩める
 
ボルトが緩んだら、手で回して行けば外れる。ワッシャーがあるが、BB側に付いたままとなっている。
手で回してゆくと、外れる
 
手で回せるが、リングを回す専用工具が付属している。
手で回せるが、リングを回す専用工具が付属している
 
リングを外したノンドライブ側から、クランクを押すと、ドライブ側に抜ける。
ノンドライブ側からクランクを押すと、ドライブ側に抜ける
 
ドライブ側からBBの中を通して、クランクを抜き取る。左右が合体したBMXみたいなワンピースクランクになっている。
ドライブ側から、クランクを抜き取る
 
クランクの重量、581g。
クランクの重量、581g
 
クランクが抜けたBBの状態。LOOKの独自規格「BB86」で、直径が 86mm もある。写真のノンドライブ側は、ベアリングがフレームに圧入されている。
クランクが抜けた、BBの状態
 
ドライブ側は、ZED2クランク自体に圧入のように固定されている。
ドライブ側は、ZED2クランク自体に圧入のように固定されている
 
 
ZED2 クランクのオーバーホール
 
オーバーホール事項。
ZED2 クランクに付いているベアリングの洗浄とグリスアップ。
フレームに圧入されているベアリングの洗浄とグリスアップ。
 
 
今回上記2点を、フレームのガラスコーティングと同時に、サイクルショップ【大杉走輪】にお願いした。
 
フレームにガラスコーティングを施す:
 
ZED2 クランクの組付け
 
ドライブ側から、クランクを差し込む。
ドライブ側から、クランクを差し込む
 
角度を変えながらBBに挿入して行く。
角度を変えながらBBに挿入して行く
 
ノンドライブ側のクランクが出てくる。
ノンドライブ側のクランクが出てくる
 
クランクを止めるリングをセットし、締め付ける。
クランクを止めるリングをセットし、締め付ける
 
参考:ZED2 クランクの長さ変更
参考:ZED2 クランクに ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリングを装着
 
Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ が完了した状態
 
Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ の完了
オーバーホールとカスタマイズが完了した状態
 
 
 

 

以上。
(2018.06.06)

 

スポンサー リンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください