Look 695 AEROSTEM ステムを 普通のステム(3T Arx Ltd Carbon Stem) に交換

Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ
その – 04

AEROSTEM
ステムを 3T Arx Ltd Carbon Stem に交換
 
AEROSTEMが長いので、短いものに交換したいが、購入すると【 ¥52,000 】もする。その上に、重量も重い。そこで、Look 695 に一般的な STEM が取り付けられないか、試してみた。
 
AEROSTEM を 3T Arx Ltd Carbon Stem に交換
 
以下、Look 695 に一般的な STEM を装着した記録。

スポンサー リンク

 
AEROSTEMの規格。
AEROSTEMの規格
 
 
Look 695 の フロントフォーク 固定要領
 
AEROSTEMを取り外した状態。
AEROSTEMを取り外した状態
 
ゴムのカバーと、コラム ヘッド スペーサーがあるだけ。
ゴムのカバーと、コラム ヘッド スペーサー
 
フロントフォークは、ネジを切ってあるヘッドパーツに横から穴があけてあり、ヘッドチューブの外から金属のシャフトを通してフロントフォークを固定し、下図左のキャップパーツをねじ込んでふたをする方式になっている。したがって、プレッシャーアンカー等を使う必要はない
 
キャップパーツとヘッドパーツ。
Look 695 の フロントフォーク 固定要領
 
金属のシャフトの通し方イメージ。
Look 695 の フロントフォーク 固定要領
 
 
FSA カーボン トップ カバー
 
AEROSTEMを使わないとなると,、ヘッドのスペーサーが必要になる。『FSA カーボン トップ カバー』の手持ちがあったので、セットしてみた。
 
FSA カーボン トップ カバー。
FSA カーボン トップ カバー
 
サイズが同じで、ピッタリとはまる。
FSA カーボン トップ カバー
 
 
3T Arx Ltd Carbon Stem
 
コラムは1/8で普通のステムも付けられるので、これも手持ちの『3T Arx Ltd Carbon Stem 100mm』にすることにした。【 116g 】と超軽量。
3T Arx Ltd Carbon Stem
 
AEROSTEM 110mm【 172g 】。
AEROSTEM 110mm
 
 
コラム ヘッド スペーサー と ヘッドキャップ
 
コラム ヘッド スペーサーも必要なので『 KCNC 5mmx2 』を用意した。KCNCらしい肉抜きがされた軽量スペーサー。
コラム ヘッド スペーサー
 
ヘッドキャップには、プレッシャーアンカーがコラムに入らなかったので、手持ちの『 RING-GO-STAR 』を入れてみた。
RING-GO-STAR
 
 
3T Arx Ltd Carbon Stem の取付
 
3T Arx Ltd Carbon Stem に交換した結果。(ヘッドキャップ押込み【未】の状態)
AEROSTEM を 3T Arx Ltd Carbon Stem に交換
 
 
3T ErgoNova LTD ハンドル
 
ハンドルは、3T Arx Ltd Carbon Stem にマッチする『 3T ErgoNova LTD 』を取り付けた。
AEROSTEM を 3T Arx Ltd Carbon Stem に交換
 
 
Look 695 の「AEROSTEM」は、一般的な STEM に交換可能。
 
 
 

以上。
(2018.06.04)

 

スポンサー リンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください