Look 695 ケーブルライナー や インナーライナー の取回し

Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ
その - 10

ケーブルライナー や インナーライナー
の取回し
 
Look 695 Light は、シフトケーブルやブレーキケーブルを内蔵する方式のフレームになっている。

オーバーホールにおいて、ワイヤー(ケーブル)を新しいものに交換する作業が一番厄介である。

今回・特に、ケーブルライナーの取回しに工夫をこらしてみた。
 
シフトケーブルのライナーの取回し方
 
以下、ケーブルライナーの取回しに工夫をこらした記録。
 
スポンサー リンク
 
 
 
 
スポンサー リンク
 
 
1. オーバーホールを行う前の準備
 
 
1-1. オーバーホールを行う前のケーブルの状態の記録
 
オーバーホールを行う前に、現行のケーブル状態を記録しておくと、何かと役に立つ。
 
1-2. ケーブルライナーの交換
 
オーバーホールにおける最大の注意点。
最初に、ケーブルライナーを新しいものに交換する

①.古いワイヤーを抜かない。

②.古いワイヤーをフレームに通したまま、新しいライナーをワイヤーの片端にかぶせる。

③.そのまま新しいライナーを古いワイヤーにかぶせていき、反対の端まで通す。

④.古いライナーに新しいライナーが入って、古いライナーを抜きながら新しいライナーが通せればベスト。

⑤.ライナーが通せれば、古いワイヤーを抜いても良い。 
 
使用したライナーは、「Jagwire(ジャグワイヤー) Universal Pro Housing Seal Kits 4.0mm 」。
Jagwire(ジャグワイヤー) Universal Pro Housing Seal Kits 4.0mm
 
 
1-3. Look 695 Light のフレームとケーブルライナー
 
Look 695 Light のフレームには、下図【3本】のケーブルライナーを通す。
Look 695 Light のフレームとケーブルライナー
 
【3本】のケーブルライナーを通した状態。
【3本】のケーブルライナーを通した状態
 
リアブレーキとリアディレイラー用のケーブルライナー。
リアブレーキとリアディレイラー用のケーブルライナー
 
フロントディレーラー用のケーブルライナー。
フロントディレーラー用のケーブルライナー
 
BB上に出た、フロントディレーラー用のケーブルライナー。
フロントディレーラー用のケーブルライナー
 
BB下を通した、ケーブルライナー。
BB下のケーブルライナー
 
リアディレイラー用のライナーも、チェーンステイの出口まで1本で通した。
リアディレイラー用のライナーも1本で通した
 
チェーンステイの出口。
ライナーのセット チェーンステイの出口
 
 
スポンサー リンク
 
 
 
2. ライナーの取回し
 
 
2-1. ケーブルライナー 先端の処理要領
 
ライナーの先端は、熱を加えると加工できる。
ライナーの先端に熱を加えると加工できる
 
ライナーの先端に「頭」を作ってストッパーにする。
ライナーの先端に「頭」を作ってストッパーにする
 
ライナーが、アウター受けに止まるようにした例。
アウター受けに止まるようにする方法
 
ライナーが、エンドキャップに止まるようにした例。
エンドキャップに止まるようにする方法
 
シフト用のインナーライナーも、同じように加工できる。
シフト用のインナーライナーも同じように加工できる
 
 
2-2. アウター受けの補修
 
Look 695 Light のアウター受けが、キッチリと嵌められない。
アウター受けが、キッチリと嵌められない
 
アウター受けを止める金具が薄いので、ナットとしての役目が果たせなくなっている。
アウター受けを止める金具が薄いので、ナットとしての役目が果たせなくなっている。
 
少し長めの、プラスネジに交換。
少し長めの、プラスネジに交換
 
さらに、ネジを緩めすぎても金具が落ちないよう、先端をカシめた。
ネジを緩めすぎて金具が落ちないよう、先端をカシめた
 
これで、アウター受けがキッチリセット出来るようになった。
 
 
2-3. リアブレーキ(ブレーキケーブル用)ライナーの取回し
 
 
リアブレーキのブレーキケーブル用ライナーの取回し
ブレーキケーブル用ライナーは、アウター受けで止めるのではなく、ブレーキケーブル用のエンドキャップの中で止まるようにセットした。
エンドキャップの中で止まるようにセットした
 
ブレーキ側まで一本で通すも、ブレーキ側のアウター受けの出口辺りで、切断せざるを得ない。
 
 
2-4. リアディレイラー(シフトケーブル用)ライナーの取回し
 
リアディレイラーのシフトケーブル用ライナーの取回し
 
①.リアディレイラーのライナーは、最初は一本で、直通で通しておく。

②.ダウンチューブの入り口は、ライナーに頭を作って、アウター受けで止め、その中に【ノーズ付きのキャップ】を嵌めた。

③.問題は、チェーンステイから出てきたところの処理で、次のようにした。

1. OT-RS900の改造。
改造前のOT-RS900。ロングノーズ付き。
改造前のOT-RS900
 ①.OT-RS900の白のライナーを抜き取る。
OT-RS900の白のライナーを抜き取る

代わりのライナーを用意する。(JAG WIRE SPEED LUBE LINER インナーライナー シフト用 1.4*1.9 )
代わりのライナーを用意する
 ②.新しい・長いライナーを通す。
新しい・長いライナーを通す

エンドキャップを用意する。(JAG WIRE SEALED END CAP 4mm シフトワイヤー用)
エンドキャップを用意する
 ③.右からノーズの無いキャップをはめる。超ロングノーズになった。
OT-RS900の改造

右からノーズの無いキャップをはめる
2. 黒のライナーの切る位置を決める。
 ①.左から xxcm。
 ②.切りやすいように切り込みを入れておく。
黒のライナーの切る位置を決める

3. シフトワイヤーを通す。

4. 右から OT-RS900 のインナーライナーにワイヤーを通す。

5. 黒のライナーを、BB下から切る位置が見えるまで、引き抜く。

6. 白のライナー&ワイヤーを傷つけないように、黒のライナーだけを切る。

7. 黒のライナーを、チェーンステイの中に戻す。

 
以上で、黒のライナーはチェーンステイの出口辺りまで通り、その中を白いライナーがダウンチューブ辺りまで通った状態になった。
 
これにより、シフトワイヤーが裸で露出する部分はなくなった
 
 
2-5. フロントディレイラー(シフトケーブル用)ライナーの取回し
フロントディレイラーのライナーは、一本を直通で通せる。

ダウンチューブの入り口は、ライナーに頭を作って、アウター受けで止め、その中に【ノーズ付きのキャップ】を嵌めた。
 
 
2-6. シフトケーブルのライナーの取回し方:まとめ
 
シフトケーブルのライナーの取回し方
 
 
スポンサー リンク
 
 
 
3. STIレバーへのケーブルの取付け
 
 
3-1. 使用したケーブル
 
ブレーキケーブル:シマノ BC-9000 ポリマーコート ブレーキケーブルセット。
ブレーキケーブル
 
BC-9000(ポリマーコーティングブレーキケーブル)の注意点。
インナーケーブルに、グリスなどの潤滑剤を付けてはいけない 
 
シフトケーブル:シマノ R9100 シフトケーブルセット ホワイト 。
シフトケーブル
 
シマノ R9100 シフトケーブルの注意点。
①.OT-RS900ケーブルを使用する

②.インナーケーブルには、SIS SP41 グリスを塗布する
 
 
 
3-2. ケーブルの仮止めによる長さ決定
 
オーバーホール前に使用していたケーブルの長さを基準にして、

 ①.前ブレーキのアウターケーシング

 ②.後ブレーキのアウターケーシング

 ③.フロントディレーラーのアウターケーシング

 ④.リアディレイラーのアウターケーシング

の4本を準備する。(少し長めに切っておいた方が良い。)
 
右:ブレーキのアウターケーシングを、テープでハンドルバーに仮止めする。
右:ブレーキのアウターケーシングを、テープでハンドルバーに仮止めする
 
左:ブレーキのアウターケーシングを、テープでハンドルバーに仮止めする。
左:ブレーキのアウターケーシングを、テープでハンドルバーに仮止めする
 
シフトケーブルのレバー側には、ショートノーズキャップを付ける。
シフトケーブルのレバー側には、ショートノーズキャップを付ける
 
右:リアディレイラーのアウターケーシングを、ハンドルバーに仮止めする。
右:リアディレイラーのアウターケーシングを、ハンドルバーに仮止めする
 
左:フロントディレーラーのアウターケーシングを、ハンドルバーに仮止めする。
左:フロントディレーラーのアウターケーシングを、ハンドルバーに仮止めする
 
アウターケーシングの長さが、それぞれ適切か確認する。
アウターケーシングの長さが、それぞれ適切か確認する
 
長ければ切断して、切り口をヤスリで整える。
長ければ切断して、切り口をヤスリで整える
 
ケーブルの仮止めによる、長さ決定の完了。
ケーブルの仮止めによる、長さ決定の完了
 
それぞれに、ノーズ付きキャップを取り付ける。
それぞれに、ノーズ付きキャップを取り付ける
 
 
3-3. STIレバーへのブレーキケーブルの取付け
 
STIレバーへのブレーキケーブルの取付け
 
図の位置からインナーケーブルを通す。
図の位置からインナーケーブルを通す
 
 
3-4. STIレバーへのシフティングケーブルの取付け
 
解除レバーを10回以上操作して、レバー位置をトップにセットし、図の位置からインナーケーブルを通す。
解除レバーを10回以上操作して、レバー位置をトップにセットし、図の位置からインナーケーブルを通す
 
ドライバーなどで、ケーブルカバーをブラケットから取外しておく。
ドライバーなどで、ケーブルカバーをブラケットから取外しておく
 
インナーエンドがキッチリと、ユニットに収まるように挿入する。
インナーエンドがキッチリと、ユニットに収まるように挿入する
 
ショートノーズキャップに、インナーケーブルを通す。
ショートノーズキャップに、インナーケーブルを通す
 
ショートノーズキャップの凸形状を、ブラケットの溝に嵌めて押込み、ケーブルカバーを取付けて、完了。
ケーブルカバーを取付ける
 
 
スポンサー リンク
 
 
 
4. ケーブルとワイヤーの取回し
 
 
4-1. ブレーキケーブル【前輪 = 右側】の取回し
 
ブレーキケーブルをセットする。ケーブル調整ナットには、エンドキャップを付けない。
ブレーキケーブルをセットする
 
 
4-2. ブレーキケーブル【後輪 = 左側】の取回し
 
ブレーキのライナーが、エンドキャップの中で止まったキャップをセット。
ブレーキのライナーが、エンドキャップの中で止まったキャップセット
 
アウター受けに収める。
アウター受けに収める
 
リアブレーキのケーブルをセット。
リアブレーキのケーブルをセット
 
ノーズ付アウターキャップを取付けたケーブルをセット。ケーブル調整ナットには、エンドキャップを付けない。
ノーズ付アウターキャップを取付けたケーブルをセット
 
 
4-3. シフトケーブル【リアディレイラー = 右側】の取回し
 
ノーズ付きキャップをライナーに挿す。
ノーズ付きキャップをライナーに挿す
 
アウター受けに収める。
アウター受けに収める
 
リアディレイラーのシフトケーブルをセット。
リアディレイラーのシフトケーブルをセット
 
リアディレイラーに『滑り管』をつける。
リアディレイラーに『滑り管』をつける
 
改造した、OT-RS900をセット。
改造した、OT-RS900をセット
 
 
4-4. シフトケーブル【フロントディレーラー = 左側】の取回し
 
ノーズ付きキャップを挿し込む。
ノーズ付きキャップを挿し込む
 
ノーズ付きキャップをアウター受けに収める。
ノーズ付きキャップをアウター受けに収める
 
フロントディレーラーシフトケーブルをセット。
フロントディレーラーシフトケーブルをセット
 
アリゲーター LY-VBP02-S インナーケーブル 保護ブーツ。
アリゲーター LY-VBP02-S インナーケーブル 保護ブーツ
 
ライナーの中に汚れが侵入しないよう、防水キャップをセット。
ライナーの中に汚れが侵入しないよう、防水キャップをセット
 
 
 
Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ が完了した状態
 
ハンドル周りのケーブル取回し状況。
ハンドル周りのケーブルの取回し
 
後ブレーキのケーブル取回し状況。
後ブレーキのケーブル
 
全体的に、白のイメージになった。
Look 695 Light オーバーホール と カスタマイズ の完了
オーバーホールとカスタマイズが完了した状態
 
 
 

以上。
(2018.06.11)

 

スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 近畿サイクリングへ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください