ルートラボの代替 STRAVAでルートを作成

ロードバイク + サイクルコンピューター
ルートラボの代替
STRAVAでルートを作成する方法
 
長年愛用してきた「ルートラボ」が、2020年3月末でサービスが終了することになった。今まで、ルートラボでコースを作成し、GARMIN に転送してから走行に出かけるというパターンが定着していたので、「ルートラボ」に代わる地図作成アプリを探し、早いうちに慣れておかねばならない。
 
 
今のところ、「ルートラボ」の代替としては、「STRAVA」のウェブサイトが一番良いのではなかろうか。

ロードバイク ナビ 比較結果 最適解はこれだ

ロードバイク + サイクルコンピュータ
ロードバイク用の ナビ 最強の最適解
 
ロードバイクで遠くに出かけ、「美しい風景」や「美味しい食事」、あるいは、その地の「歴史や文化」を感じてみるのもいいものだ。
 
しかし、全く走ったことのない地では道がわからず、どこをどのように走れば目的地を効率的に巡る事が出来るか、あるいは、道に迷ってしまうのではないかと不安になる。
 
 
こんな時、自転車用のナビがあれば便利で、不安が一気に解消される。

最新版 Garmin VIRB Edit の使い方

ロードバイク + サイクルコンピューター
Garmin VIRB Edit
バージョン 5.3.1 の使い方
 
ガーミンの『Edgeシリーズ』を装着して走行すると、走行軌跡以外に速度・標高・気温、そして、ペダルの回転数や心拍数などのデータが、衛星からの正確な時刻情報と共に収集できる。

さらに対応するパーツを購入すれば、使用しているギアのポジションやペダルを回すパワー(ワット)まで記録できる。

これにアクションカメラである【 VIRB 】を併用すると、録画された動画にこれらのデータをオーバーレイ表示して観る事が出来るので、映像を見る際の情報量や臨場感がまるで違ってくる。
 
 
Garmin VIRB Edit を、最新バージョンの 5.3.1 に更新したので、最新版の使い方を纏めた。

サイクリング コース地図の作り方と走行実績の残し方

サイクリングコース:知らない場所に行く時
コースをどう作って、どう走り、どう残すか。
コース地図の作り方と、走行実績の残し方。
 
初めて走るコースについては、ルートラボにてコースを作成し、GARMIN に転送してから走行に出かける。GARMIN に作成したコースをナビゲーションさせ、作成したコースに沿って走る。帰宅後、GARMIN から走行記録をインポートし、HTMLに変換したり、Google My Map で見れるようにして残している。
当サイトの地図も、走行記録を Google My Maps にアップロードし、マーキングしたい地点名を追加したり、その地点の写真を貼り付けて公開している。
 
以下に、コース地図の作り方と、走行実績の残し方をまとめた。

サイクリングルートを スマホをナビ にして走る

ロードバイク + サイクルコンピューター
①.ルートラボでサイクリングコースを作成
②.スマホアプリ Road Bike Pro で走行
 
runtastic01スマホで走行する前に、ナビさせるサイクリングコースを、『 Runtastic(ランタスティック) 』 にアップロードしておく必要がある。 
 

PCで作成した地図を、スマホ(Android)に転送する方法

ロードバイク + サイクルコンピューター
スマホ(Android)でナビをするには、
地図をどうやって転送するか。
 

runtastic01パソコンで作成した、GPXファイルを『 Runtastic(ランタスティック) 』にアップロードすれば、Androidスマートフォン用のアプリ『Road Bike Pro』(500円)でナビが可能となる。

GARMIN VIRB-J Elite 装着 ・・・ ロードバイクコースを動画で記録

ロードバイク + サイクルコンピューター
アクションカム GARMIN VIRB-J Elite
 

virb1ついにアクションカメラを購入した。
GARMIN VIRB を使えば走行記録を動画で残せる。
走れなくなった時に、どう役立つのか。老い先を憂慮しつつ動画編集を行う。