ホイールの 振れ取り と バランス調整

ロードバイク + ホイール
振れ取り と バランス調整
 
パークツールの振れ取り台 TS-2
 
1. ホイールの振れをとる
振れがあると、
・車輪の回転面とフレームの芯(センター)が一致せず走行抵抗が大きくなる。
・ブレーキの調整が正確に出来ない。
等、自転車が左右,上下に動いて無駄なエネルギーを使うことになる。
 
2. ホイールバランスを取る
バランスが崩れると、
・かなりの振動が発生する。 この振動は、速度が上がるほど大きくなる。
・ハブの回転力にも影響がでる。
 
3. 手組ホイールを作る
昔は、自転車のことを「銀輪」とも言いました。 それは、ホイールが輝いていたからです。 そんなホイールを作って、自転車らしさを醸し出し、カッコよく乗りたいものです。
 

MAVICの消しゴムでリムを磨く ホイール クリーニング

ロードバイク ホイール メンテナンス
リムのクリーニング
 
リムの汚れや小傷を落とし、ブレーキの制動力を復活させ、同時に、リムを新品同様のピカピカにする。
 
リムを磨いた状態と、磨いていない部分の比較。
MAVICの消しゴムでリムを磨く
 
以下に、リムのクリーニング要領を記載。

“MAVICの消しゴムでリムを磨く ホイール クリーニング” の続きを読む

ロードバイク チューブラータイヤの交換要領

ロードバイク メンテナンス
チューブラータイヤ の 取付け・取り外し
 
チューブラータイヤの取付け・取り外しができるようになると、ホイールをアルミクリンチャーからカーボンチューブラーに乗り換える事が出来る。カーボンチューブラーに変更すると、ホイールとタイヤの組合せで最も軽量なホイールとなり、劇的な変化に感動を覚える。
 
CORSA CX 3 23-28″
 
チューブラータイヤは交換やパンク修理が面倒ということで、初心者にとっては敷居が高いが、慣れれば何とかなる。

シマノ WH-7850-C24-CL ハブ の 分解 と グリスアップ

ロードバイク ホイール メンテナンス
スプロケットとハブのオーバーホール
シマノ WH-7850-C24-CL ハブ の 分解 と グリスアップ
 
WH-7850-C24-CL リアのハブ軸と、玉押し。
WH-7850-C24-CL ホイール の オーバーホール
 
以下に、シマノ WH-7850-C24-CL のオーバーホール手順を記す。

“シマノ WH-7850-C24-CL ハブ の 分解 と グリスアップ” の続きを読む

チューブラータイヤ 出先で初めてのパンクを経験

ロードバイク チューブラータイヤでの走行
瞬間パンク修理剤を携行して、
応急処置をするという保険も必要。
 

・zipp 202 Vittoria CRONO チューブラー 出先でパンク。
・シーラント カフェラテックス を入れていたが期限切れか、役に立たず。
・マルニ クイックショット を携行し、 応急処置をするという保険も必要。

“チューブラータイヤ 出先で初めてのパンクを経験” の続きを読む

ZIPP 202 ハブ の 分解 と グリスアップ

ロードバイク メンテナンス
スプロケットとハブのオーバーホール
ZIPP 202 ハブの分解とグリスアップ
 

zipphubr1走行中、足を止めると後輪のラチェット音が余りにも大きく、一緒に走っていた妻が『その音がイヤラシイ』(追い上げられているようで)というので、ハブを分解しグリスを詰め込むことにした。
ハブの分解は非常に簡単で、2mmのアーレンキー一本で用が済む。グリスを詰め込んで見たが、まだそれなりに音はする。 “ZIPP 202 ハブ の 分解 と グリスアップ” の続きを読む

やっと ヴィットリア Magic Mastik 入手

ロードバイク + メンテナンス
ヴィットリア Magic Mastik で、
“チューブラータイヤ“の扱いが劇的に変わる。
 

magicmastik2在庫切れでなかなか入手できなかった、ヴィットリア Magic Mastik がやっと手に入った。
この製品は、ユニークな特性を持つチューブラー用接着剤で、 塗布/接着作業が非常に簡単で、且つ、簡単に剥がせるという。

“やっと ヴィットリア Magic Mastik 入手” の続きを読む

Campagnolo Shamal Ultra 2 Way Fit をクリンチャーにする

ロードバイク + ホイール + タイヤ
Campagnolo Shamal Ultra 2 Way Fit
 

valiant1Hutchinson の Fusion 3 Tubeless を装着して4年ほどが経過しており、走行距離は短いが、タイヤの表面に無数のひび割れが出て来た。まだ使用には差支えないと思われるが、クリンチャータイヤが余っており、これを早く使わねばと、今回はチューブレスではなく、クリンチャーのパナレーサー EXTREME VALIANT EV2 に交換した。
2 Way Fit なのでリムテープは不要。チューブは R-AIR にした。

 
参考:
 

以上。
(2016.05.30)

 

 

スポンサー リンク