何故 10速ホイール に 11速スプロケが 付けられるか?

 

ロードバイク + ホイール
10速ホイール(11s非対応)に11速スプロケを付ける
何故 10速ホイール に 11速スプロケが 付けられるか
 
「11速なんぞ不要」と、近年殆んどのコンポが11速化される中、「10速」で我慢してきた。が、新しいフレームを入手したため、コンポも新規に購入せざるを得なくなった。必然的に新しいコンポは「11速」になったが、何本も保有している「10速のホイール」はどうすればよいのか、という問題に直面する。
 
10速 ホイール を 11速化する
 
以下、10速ホイール(11s非対応)に11速スプロケを取り付けた記録。

Vittoria CORSA CX 3 チューブラー タイヤ x 2 購入

ロードバイク + ホイール + タイヤ
『 Zipp202 + CRONO EVO CS 』
を日常使用にした贅沢。
 
決戦用の軽量ホイールとして 『Zipp202』 に、最軽量のタイヤ 『Vittoria(ビットリア) CRONO EVO CS』 を装着し温存していたが、”決戦” の機会が訪れることもなく幾年月が経過し、いわゆる宝の持ち腐れ状態になっていた。勿体無いと思いつつも、ヴィットリア Magic Mastik の出現で、“チューブラータイヤ“ の使用に関する不安も解消されたことから、日常的に使ってみることにした。
 

valvepunk1ところがいざ出陣と意気込むも、Vittoria(ビットリア) CRONO EVO CS が、バルブの根元から空気が漏れると言うパンクではなく、バルブの根元がチューブから剥離するトラブルに見舞われる。殆んど走行していないが、経年劣化か。 “Vittoria CORSA CX 3 チューブラー タイヤ x 2 購入” の続きを読む