後輪付近から、「カン・・カン・・」と異音が出る

ロードバイク メンテナンス
ZIPP 202 リアホイールからの異音
異音は、「カン・・・カン・・・」連続音ではない。
 
後輪付近から、「カン・・カン・・」と異音が出る。
バイクを持ち上げて、ホイールを空転させて見ると音はしない。
 
異音が出たホイール:ZIPP 202 チューブラー + Panaracer RACE A EVO3 タイヤ
チューブラータイヤの交換が完了した、リアホイール
 
以下、この原因究明に、『2日間』もかかった記録。
 
スポンサー リンク
 
 
現象:
「整備台の上では音がしないのに、
 乗ると、ペダリングをしなくても音が出る」状態。
異音は、「カン・・・カン・・・」連続音ではない。
スピードを上げると、「カン・カン・カン・」と異音が速くなる。
 
 
試してみたこと
 
ブレーキか?。
①.ブレーキシューが当たっているのではないかと、
 ブレーキをオープンにしてみる。
 → NG:解決せず。
 
振れか?。
②.ホイールの振れを取ってみる。
 → 振れは殆んどなく、NG:解決せず。
 
テンションが低いのか?。
③.スポークのテンションを上げてみる。
 → NG:解決せず。
 
テンションが高すぎるのか?。
④.スポークのテンションを下げてみる。
 → NG:解決せず。
 
スポークの交点か?。
⑤.スポークの交差点や、ハブとスポークの接触点に、
 グリスを少量塗って摩擦を和らげてみる。
 → NG:解決せず。
 
ハブか?。
⑥.ハブを分解し、グリスアップしてみる。
 → ハブのベアリングはシールドベアリングで、
 ラチェットにも問題はなくNG:解決せず。
 
 
解決策
 
途方に暮れながら、リアホイールに関する最近の変更点を思い出してみる。
 
最近弄ったことは、リアホイールのタイヤを交換した事。
【Panaracer レース A エボ3】に、交換した。 
 
そこで、タイヤに関する異音をチェックしていくと・・・。バルブの太さよりリムのバルブ穴が大きく、乗車時の走行抵抗によりタイヤが僅かにズレ、バルブがリムに叩き付けられて異音が発生しているのではないかと考える。
バルブの太さよりリムのバルブ穴が大きい
 
そこで、バルブとバルブ穴の隙間にテープを挿入し、隙間を無くしてみる。
バルブとバルブ穴の隙間にテープを挿入
 
 
異音解決
それにしても、こんなことが起こるのか・・・タイヤがキッチリと接着されていないのだろうか?・・・と悩むも一応解決。『2日間』もかかった。
 

以上。
(2018.11.10)

 
             

スポンサー リンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください