STRAVAの代替 Garmin Connectでルートを作成

ロードバイク + サイクルコンピューター
STRAVAの代替
Garmin Connect でルートを作成する方法
 
「ルートラボ」のサービスが 2020年3月末 で終了したので、その代替として「STRAVA」でコース地図を作成してきたが、ここに来て「STRAVA」が有料になった。そんなに使用頻度が多いわけでもないので、「STRAVA」に代わる【無料】の地図作成アプリに乗り換えねばならない。
 
「削除」でも、1つ前のポイントまで戻る
 
「Garmin Connect」でルートを作成してみたところ、「ルートラボ」と遜色がないレベルで使用できることが分かったので、使用方法をログした。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. Garmin Connect でのルート作成
 
Garmin Connect にアクセスし、ログインする。
Garmin Connect にアクセスし、ログインする
 
画面の左端にある「黒い帯」にカーソルを持っていく。
画面の左端にある「黒い帯」にカーソルを持っていく
 
メニューバーが開くので、「トレーニング」をクリックし、サブメニューの中から「コース」を選択する。
メニューバーが開くので、「トレーニング」をクリックし、サブメニューの中から「コース」を選択する
 
地図が表示されるので、「コースの作成」をクリックする。
「コースの作成」をクリックする
 
左上の「居住地」欄に【地名】を入力すれば、地図を即座に移動させることが出来る。
 
「コースタイプの選択」が表示される。
「コースタイプの選択」が表示される
 
プルダウンメニューから、「ロードサイクリング」を選択。
プルダウンメニューから、「ロードサイクリング」を選択
 
描画方法は「カスタム」のままで、「続行」をクリックする。
描画方法は「カスタム」のままで、「続行」をクリックする
 
中央に【マップの任意の場所をクリックして新しいコースを描画します。】という大きなマウスポインターが現れる。これを移動してスタート地点を決める。尚、地図は自由に移動・拡大縮小が出来る。
中央に【マップの任意の場所をクリックして新しいコースを描画します。】というマウスポインターが現れる。これを移動してスタート地点を決める。尚、地図は自由に移動・拡大縮小が出来る。
 
この時点で「コース名」が設定出来るが、【無題】のまま作成して、後から編集することも可能である。
 
スタート地点をクリックすると、緑のマーカーがセットされる。
スタート地点をクリックすると、緑のマーカーがセットされる
 
続けてコースのポイントをクリックすると、赤のマーカーがセットされルートが青色で作成される。
続けてコースのポイントをクリックすると、赤のマーカーがセットされルートが青色で作成される
 
コースのポイントを間違えた場合は、「取り消す」をクリックする。
コースのポイントを間違えた場合は、「取り消す」をクリックする
 
1つ前のポイントまで戻り、続けて次のポイントが作成できる。
1つ前のポイントまで戻り、続けて次のポイントが作成できる
 
「取り消す」ではなく、ポイントを右クリックして「削除」することもできる。
「取り消す」だけではなく、ポイントを右クリックして「削除」することもできる
 
「削除」も1つ前のポイントまで戻る。又、ポイントをドラッグすればコースを変更することもできる。
「削除」でも、1つ前のポイントまで戻る
 
ルート作成画面の左上には「カスタム描画」欄があり、
Popularity Routing:一般ルート
道をたどる:ルートラボの道ピタモード
フリーハンド:ルートラボの直線モード
が、選択できる様になっている。
 
 
コースの作成が完了したら、「新しいコースを保存」をクリックする。
コースの作成が完了したら、「新しいコースを保存」をクリックする
 
コースが保存され、作成したコースのプロフィールが表示される。
コースが保存され、コースのプロフィールが表示される
 
 
 
2. コースのダウンロード
 
コースのプロフィール欄の右下にある「・・・」をクリックすると、ダウンロードメニューが表示される。
コースのプロフィール欄の右下にある「・・・」をクリックすると、ダウンロードメニューが表示される
 
ダウンロードできるファイルの形式は、【GPX】か【FIT】の2つだけ。
 
 
 
3. コースの編集
 
コースのプロフィール欄の右下にある「・・・」をクリックし、「編集」を選択する。
コースのプロフィール欄の右下にある「・・・」をクリックし、「編集」を選択する
 
コースのタイトルや、ポイントの変更が可能になる。
コースのタイトルや、ポイントの変更が可能になっている
 
コース名を変更し、「変更を保存」をクリックする。
コース名を変更し、「変更を保存」をクリックする
 
コース名が変更された。
コース名が変更された
 
 
 
4. コース一覧と周辺のコース
 
作成したコースを参照するには、「トレーニング」をクリックし、サブメニューの中から「コース」を選択し、作成済みタブを開く。
作成したコースを参照するには、「トレーニング」をクリックし、サブメニューの中から「コース」を選択する
 
何も表示されない場合は、「すべてを表示」をクリックすると一覧が表示されるようになる。
何も表示されない場合は、「すべてを表示」をクリックすると一覧が表示されるようになる
 
一覧から該当のコースをクリックすれば、コースの内容が表示される。
一覧から該当のコースをクリックすれば、コースの内容が表示される
 
周辺のコースタブを開くと、現在表示されている地図の近辺にある、他の人が作成したコースを見ることが出来る。
周辺のコースタブを開くと、現在表示されている地図の近辺にある他の人が作成したコースを見ることが出来る
 

 

以上。
(2020.06.13)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください