街道をゆく『24-2. 奈良散歩』 観か、神社か、寺かと云われる多武峰に登って来た

街道をゆく『24-2. 奈良散歩』その2
奈良県のサイクリングロード
29-014 近鉄桜井駅~談山神社~津風呂湖~宇陀松山~近鉄桜井駅 約42km
 
司馬さんの奈良散歩での訪問地「談山神社」に、奈良散歩 その2 として出かけることにした。多武峰に登るだけでなく、津風呂湖と宇陀松山の古い町家の佇まいを併せて巡るコースにすると、程よい距離になった。
 十三重塔:談山神社のシンボル
 
近鉄桜井駅まで輪行し、津風呂湖を回って近鉄桜井駅に戻るコース。
以下、近鉄桜井駅~談山神社~津風呂湖~宇陀松山の記録。
 
スポンサー リンク
 
 
thema24-22
司馬さんの旅の時期 1984年3月1日~3日
 
紀行テーマ・地点・歴史
 
翌日、多武峰をめざした。私にとって三度目の多武峰である。
その名さえ奇妙だが、この山の名はすでに「日本書紀」の斎明紀二年(656)の記述にあらわれている。このあたり、奈良県の”有史”の古さに感じ入らされる。文字のないむかし、土地の者が、この山を、「たむ」という音でよんでいたのであろう。「日本書紀」は、その音に、田身嶺(たむのみね)という漢字をあてた。
         ・・・ 司馬遼太郎。
 
『こどものころ、遠足で多武峰に登った。』
 ◆談山神社:多武峰(とうのみね)にある神社。祭神は中臣鎌足。
 
多武峰は、観か、神社か、寺か。
「観」とは、中国では、上代でもいまでも道教寺院を指す。
  
 
29-014 近鉄桜井駅~談山神社~津風呂湖~宇陀松山 約42km
 
コースのポイントと標高差。
  29-014 近鉄桜井駅~談山神社~津風呂湖~宇陀松山
談山神社への道はけっこな激坂で苦労するも、津風呂湖までは快適な下り坂。宇陀松山からの帰り道でR166をショートカットすべく【宇陀市大宇陀宮前公園】方面に入ったら、とてつもない激坂に見舞われた。
 
 
1. 近鉄桜井駅から談山神社へ
 
 近鉄桜井駅北口。北口の近くにある駐車場に車を入れる。
近鉄桜井駅北口に駐車
 
エレベーターを使って、近鉄桜井駅南口に出てスタート。
近鉄桜井駅南口よりスタート
 
R37 談山神社に向かう坂。
R37 談山神社に向かう坂R37 談山神社に向かう坂
 
R37 談山神社に向かう坂 。この信号を右折すると談山神社。R37 談山神社に向かう坂
 
 
2. 談山神社
 
談山神社 東大門。
談山神社
 
東大門から正門までは激坂になっている。
談山神社談山神社
 
談山神社:正門。
談山神社
 
談山神社のシンボル十三重塔。
tanzan37
 
◆談山神社。
多武峰(とうのみね)にある神社。祭神は中臣鎌足(談山大明神・談山権現)。シンボルは十三重の塔で、桜と紅葉の名所である。
塔は、現存する世界唯一の木造十三重塔で、高さは約17メー トル、屋根は伝統的な檜皮葺き。塔は縁がなく、初層のみが特に大きく二層以上は軸部が低い。
 

談山神社を後にする。
談山神社

 
 
3. R37に戻って津風呂湖へ
 
 新鹿路トンネル手前の信号。トンネルに入らず、右の側道を行くと『細峠(ほそとうげ)』。
 新鹿路トンネル手前
 
『細峠(ほそとうげ)』を下った、吉野郡吉野町西谷辺り。
吉野郡吉野町西谷辺り吉野郡吉野町西谷辺り
 
 
4. 津風呂湖
 
津風呂湖の西北部に出た。
津風呂湖
 
津風呂湖。
津風呂湖津風呂湖
 
津風呂湖。
 津風呂湖津風呂湖
 
津風呂湖遊園地。
津風呂湖
 
津風呂湖。
津風呂湖
 
津風呂湖。
周囲32km、広さ150haの灌漑用ダム。1963(昭和38)年に津風呂湖をせきとめて造られた。桜、紅葉・・・と四季の美しさを湖面に映す景勝の地で、湖探勝には一周およそ30分の遊覧船(4月1日~11月末日)、湖の周りの散策コース(ハイキングやサイクリング)がある。季節を問わず魚釣りができ、コイ、ヘラブナ、ブラックバスなどが釣れる。
 

津風呂湖:湖上レストラン。
津風呂湖 湖上レストラン

29014v28
 
昼食は、津風呂湖の湖畔にある
【湖上レストラン パーラーつぶろ】
でトンカツ定食を食べる。
店内の様子。 
0746-32-2847
  
津風呂湖。
 津風呂湖 津風呂湖
 

津風呂湖からR370へ出る道。
津風呂湖からR370へ

 
5. R370に入って宇陀松山へ
 
R370に出て、宇陀松山方面に向かう。
R370 宇陀松山方面R370 宇陀松山方面
 
R370 宇陀松山方面。阿騎野ゴルフ倶楽部の横辺り。
R370 宇陀松山方面R370 宇陀松山方面
 
 
6. 宇陀松山
 
宇陀松山の古い街並みに入る。
宇陀松山の古い街並み宇陀松山の古い街並み
 
宇田川と宇陀松山の古い街並み。
宇陀松山の古い街並み宇陀松山の古い街並み
 
森野葛薬園:江戸時代に出来た民間の薬草園で、日本最古の薬草園といわれている。
29014v44
 
森野葛薬園で本場の吉野葛を買う。高い。
森野葛薬園森野葛薬園
 
宇陀松山の古い街並み。
宇陀松山の古い街並み宇陀松山の古い街並み
 
宇陀松山。
戦国時代に「宇陀三将」と称された秋山氏の本拠地・秋山城(宇陀松山城)の城下町としてはじまった。当時は「阿貴町」と呼ばれていたが、天正13年(1585年)に秋山氏が追放された後、豊臣家配下の大名によって、城の大改修と城下町の拡大整備が行われ、まちの名前も「松山町」となった。現在の宇陀松山地区は、その当時の「松山町」が基礎となっている。
 
宇陀松山の古い街並みを抜ける。
宇陀松山の古い街並み
 
 
7. R165で桜井駅へ
 
R165からの風景。
 R165
 
桜井駅南口に帰着。
桜井駅南口に到着
 
 
本日のアクティビティ。
走行距離:45.96 km、走行時間:3:16:14、上昇高度:782 m
 
参考:
参考:
 

以上。
(2015.09.21)

 
             

スポンサー リンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください