ロードバイクを 体に フィットさせる セッティング

ロードバイク + セッティング
ロードバイクを 体にフィットさせる
 
ロードバイクで、早く・楽に走るには、最適なフォームがある。
最適なフォームを作るには、サドル位置・ハンドル位置といった、各部位の位置決め=セッティングが重要である。
 
部位の位置決め=セッティング
 
以下、セッティング要領を記載。

スポンサー リンク

 
参考書
 
参考にした図書。
ロードバイクのセッティング 参考書ロードバイクのセッティング 参考書
 
 
セッティング要素
 
フィッティングにおける、寸法の測定箇所。
セッティング要素
 
A : サドル高=BB中心~サドル上面基準点間距離
B : サドル後退幅=サドル前端~BB中心間水平距離
C : ハンドルまでの距離=サドル前端~ハンドルバー中心間距離
D : レバーまでの距離=サドル先端~フーデッドラバー間距離
E : ハンドル高さ=ハンドルバー中心~地面間垂直距離
e:ハンドル高さ=ハンドルバー上面~地面間垂直距離
F : レバーの高さ=レバー下端~地面間垂直距離
 
 
ポジションセットアップシート
 
セッティングを記録するシート。
 
セッティングシート
 
 
 
自作した地上高測定器
 
地上高測定器(自作)。
地上高測定器(自作)
 
地上高測定器(自作)。
地上高測定器(自作)
 
 
基本セッティングの3点
 
基本セッティングの3点。
基本セッティングの3点
 
A : サドル高=BB中心~サドル上面基準点間距離
 → 股下長 x 0.875
D : レバーまでの距離=サドル先端~フーデッドラバー間距離
 → D ÷ A = 0.96
E:ハンドル高さ=ハンドルバー上面~地面間垂直距離
 
 
 

以上。
(2018.07.22)

スポンサー リンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください