ロードバイク の 軽量化

ロードバイク + カスタマイズ
ロードバイクの軽量化
 
軽量化』ロードバイクにハマると、一度はかかる麻疹のような病気。
いずれは治るが、一度かかって免疫を付けなければならない。
なぜ、どうしたら治るのかはわからないが、
・軽いから、速いわけでもない。
・軽いから、山が楽なわけでもない。
と、速く走る辛さ・山を登る苦しさが同じであると気づく頃から、症状が改善される。但し、費用対効果の問題で諦められる訳ではなく、新しいパーツを見る度に、軽くしたいという欲求だけは常に頭をもたげてくる。
 
 
以下、軽量化のポイントについて記す。
 

 

スポンサー リンク

 

 
パーツの重量構成
 
BMC SLC01 での、パーツの重量比率は下図のようになっている。当然、比率が大きいものから軽量化を考える。
 
1.部位別重量。
 
部位 実測 g 構成比
フレーム 1,428 22.9%
ハンドル周り 337 5.4%
シート周り 390 6.2%
コンポーネント 1,829 29.3%
サイクルコンピューター 165 2.6%
ペダル等、その他 313 5.0%
4,462 71.4%
実測重量 4,660 差 198
ホイール周り 1,786 28.6%
総重量 6,248  
実測重量 6,350 差 102
 
①.コンポーネント  ・・・ 29.3%
②.ホイール周り ・・・ 28.6%
③.フレーム ・・・ 22.9%
 
2.Dura-Ace コンポーネント重量
 
Dura-Ace コンポーネント 実測 g 構成比
レバー 366 20.0%
ブレーキ 296 16.2%
クランク 589 32.2%
BB 97 5.3%
Fディレーラー 78 4.3%
Rディレーラー 165 9.0%
チェーン 238 13.0%
1,829  
 
①.クランク ・・・ 32.2%
②.デュアルコントロールレバー ・・・ 20.0%
 
3.ZIPP 202 Tubular 重量
 
ZIPP 202 Tubular 実測 g 構成比
ホイール 前 495 27.7%
タイヤ 185 10.4%
チューブ 0 0.0%
クイックレリース 21 1.2%
ホイール 後 605 33.9%
タイヤ 185 10.4%
チューブ 0 0.0%
クイックレリース 23 1.3%
スプロケット 272 15.2%
1,786  
 
①.ホイール 後 ・・・ 33.9%
②.ホイール 前 ・・・ 27.7%
 
 
どこから軽量化すべきか
 
一番は、コンポーネントで 29.3% を占めている。コンポーネントが軽い方がいい。
①.クランクの軽量化
②.デュアルコントロールレバーの軽量化
 
次がホイールで 28.6% を占めている。
ホイールの軽量化 
 特に、車輪周りはチューブラーのタイヤとホイールでも、全体の28%もの比重を占めている。しかし日常的に、カーボンのチューブラーで走るわけにはいかない。
 
三番は、フレームが軽い方がいい。
 
 その次からはどれもドングリの背比べで、
 それぞれグラム単位での軽量化努力となる。
 
 そんな涙ぐましい努力をするぐらいなら、
 できるだけ余計なものを装着しないことだと思うが、
 レースをやっているわけではなく、楽しむためとなれば、
 GARMIN VIRB 178g を付けることとなる。
 これ単独で 178g もあり、他にもクレドール等が増加するわけで、
 あまり軽量化にこだわるべきではない???
 
 
BMC SLC01 パーツ構成とパーツ重量
 
 
 
LOOK 695 Light パーツ構成とパーツ重量
 
 

 

以上。
(2018.07.23)

 

 

スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 近畿サイクリングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください