自転車用バッグ どれが良いか おすすめバッグ

ロードバイク + 装備品
・サドルバッグ ・トップチューブバッグ
・フレームバッグ ・フロントバッグ
  
TOPEAK エアロ ウェッジ パック (ストラップ マウント) サイズ:M。 
サドルバッグ
 

自転車用のバッグ には、装着する場所や装着方法、そして、形状やサイズといった、使用目的や機能によって、多種多様なものが数えられない程ある。

使用したことのあるバッグの中から、お勧めのバッグを紹介。

 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
1. サドルバッグ
 
サドルバッグとは
ロードバイクのサドル後方に取り付ける収納バッグのことで、サドルのレールを利用して取付・取り外しを行うものが大半である。

主な用途は、パンク時の交換用チューブや、タイヤを外すためのタイヤレバーなど、メンテナンス用品を携行するのが目的で、ロードバイクを楽しむには、身軽で余計な荷物は持ちたくないので、サドルバッグが重宝される。
 
サドルバッグを選ぶポイント。
①.収納量:出来るだけ小さいものにしたいが・・・。
②.着脱のしやすさ:ベルクロタイプかワンタッチタイプか。
③.防水性とリアライトの装着性:リアライトが付けられるもの。
 
 
TOPEAK MondoPack XL (Strap Mount) 
 
大容量のサドルバッグで、拡張できるメインコンパートメントがある。

工具類だけでなく着替えを入れるにも十分な大きさで、季節の変わり目でウェアを重ね着する時期に重宝する。

シートポストが高いと、シートポストに沿って美しく装着できる。
TOPEAK MondoPack XL (Strap Mount)
 
右側にもポケットがある。
TOPEAK MondoPack XL (Strap Mount)
 
メインの収納部は、乗車位置の左側に開口部があり、使い易い。
TOPEAK MondoPack XL (Strap Mount)
 
 
TOPEAK エアロ ウェッジ パック (ストラップ マウント) 
 
TOPEAK エアロ ウェッジ パックは、荷物が脱落しにくい縦開き型サドルバッグ。

サドルとシートポストの間にスッキリ収まるデザインで、テールライトを装着できるクリップ ホルダー付いている。

又、ストラップ マウントは、どんな形状のサドルにも装着できるので、サドルを交換しても使用できるのが良い。
 
Microサイズ:0.41ℓ。買っては見たが、小さすぎた。
TOPEAK エアロ ウェッジ パック Micro
 
Sサイズ:パンク予備チューブや携帯用工具、そして、軽量ウィンドブレーカーまで、必要最低限のものが収納できる。0.66ℓ。
TOPEAK エアロ ウェッジ パック S
 
Sサイズの装着例。 TOPEAK エアロ ウェッジ パック (ストラップ マウント) Sサイズ
 
MicroサイズとSサイズの比較。
TOPEAK エアロ ウェッジ パック MicroとS
 
Mサイズの装着例。 
TOPEAK エアロ ウェッジ パック (ストラップ マウント) Mサイズ
 
Lサイズ(1.48~1.97ℓ):ロードバイクに乗り始めたころは、あれも持っておかねば、これもいざという時に必要では、・・・と、ついつい大きくなってしまうが、持ち物が選別されてくると【 Mサイズ 0.9~1.31ℓ 】が最適サイズか。
TOPEAK エアロ ウェッジ パック L
 
 参考:ストラップ マウントタイプの場合、バッグが、サドルとシートポストの間にスッキリ収まり、且つ、テールライトが水平になるようにする為に、シートポストにバッグを止めるバンドを付け、バッグ位置が下がらないようにしている。
バッグを止めるバンド
 
 
TOPEAK エアロ ウェッジ パック (クイッククリックタイプ)
 
このクイッククリックタイプは、愛用している『Prologo』のサドルには装着できない。
 
TOPEAK エアロ ウェッジ パック (クイッククリックタイプ)M。
TOPEAK エアロ ウェッジ パック (クイッククリックタイプ)M
 
TOPEAK エアロ ウェッジ パック (クイッククリックタイプ)L。
TOPEAK エアロ ウェッジ パック (クイッククリックタイプ)L
 
MとLのサイズ比較。
MとLのサイズ比較
 
クイッククリックタイプは、取り外しが簡単で、且つ、サドルとシートポストの間にキッチリ収まるのが良いが、装着できないサドルがあるのが残念。
 
 
その他メーカーのサドルバッグ
 
GIOSのワンタッチタイプ。
GIOSのワンタッチタイプ
 
ドイターのワンタッチタイプ。
ドイターのワンタッチタイプ
 
RIXEN & KAULのワンタッチタイプ。
RIXEN & KAULのワンタッチタイプ
 
いずれのワンタッチタイプも、サドルを選ぶので使用機会無し。
 
 
まとめ = お勧め:
TOPEAK エアロ ウェッジ パック (ストラップ マウント)
S 又は M
 
 
参考:
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
2. トップチューブバッグ
 
OSTRICH フレームポケット。
OSTRICH フレームポケット
 
OSTRICH フレームポケットを装着した状況。
OSTRICH フレームポケット
 
TOPEAK トライバッグ。
TOPEAK トライバッグ
 
手作りのハンカチ入れ。
手作りのハンカチ入れ
 
冬の寒い日に自転車に乗ると、鼻水が出て止まらない。

後ろポケットからのハンカチの出し入れが面倒なので、トップチューブにハンカチ入れを作った。 
 
 
 
 
3. フレームバッグ
 
フレームバッグ。
フレームバッグ
 
OSTRICH フレームバッグ。
OSTRICH フレームバッグ
 
OSTRICH フレームバッグは、『山の上で昼食をとる』時の弁当入れとして使用している。

肩から掛けられるベルトもついていて便利。
OSTRICH フレームバッグ OSTRICH フレームバッグ
 
フレームバッグ。
フレームバッグ
 
 
 
4. フロントバッグ
 
ミニベロ用の RIXEN & KAULショッパー。

買い物カゴになったり、チョットした荷物を入れるのに重宝している。
RIXEN & KAULショッパー
 
RIXEN & KAULデイパックボックス。バッグの上部には、地図等を入れられるホルダーが付いている。

ツーリング用として便利。
RIXEN & KAULデイパックボックス
 
 RIXEN & KAULのバッグは、クリックフィックスアダプターで容易に脱着可能。
 

以上。
(2018.02.03)

 

 

スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 近畿サイクリングへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください