Dura-Ace FC-7950 インナーを Q-RINGS に交換

ロードバイク + コンポーネント
Dura-Ace FC-7950 コンパクトクランク
インナーチェーンリングを Q-RINGS に交換
 
妻が使用している、Dura-Ace のコンパクトクランク FC-7950 にも、ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリングを導入した。Dura-Ace の FC-7950 クランクは、アウターリングとクランクが一体となったデザインのため、アウターを変えるにはクランク全体の交換が必要であるが、普段走行の殆んどがインナー使用のため、アウターを変える必要性はないと考え、FC-7950 のままで、インナーのみの交換とした。
 
ROTOR Q-RINGS
 
インナーは楕円率が小さいため、効果が分かりにくいと思われるが、さて。

スポンサー リンク

 
購入した、Rotor(ローター) Q-RINGS 110 PCD COMPACT ROAD 34T OCP1-4 インナーチェーリング。( Amazon ¥ 9,250)
Rotor Qrings
 
Dura-Ace FC-7950 クランク。
FC-7950 インナーを Q-RINGS に交換
 
FC-7950 を分解する前に、ギアの取付位置図を保存。
fc-7950 ギアの取付位置図
 
裏側から、トルクスレンチでフィキシングボルトを外すと、インナーリングは簡単に取り外せる。ボルトのメス側は,アウターリングになっている。
FC-7950 インナーを Q-RINGS に交換
 
表側から、アウターリングを外してみる。
FC-7950 インナーを Q-RINGS に交換
 
クランクのみに分解できた。
FC-7950 インナーを Q-RINGS に交換
 
Q-RINGS のインナーギアをセット。インナーは OCP1-4 ということで、取り付け位置が選択出来る。
FC-7950 インナーを Q-RINGS に交換
 
OCP3 でセットした。
FC-7950 インナーを Q-RINGS に交換
 
トルクスレンチで、フィキシングボルトを締めて完了。
FC-7950 インナーを Q-RINGS に交換
 
インナーリングのみの交換なので、表からは見えない。又、フロントディレイラーの位置関係やチェーンの長さも同じで良く、変速調整も全く不要。
FC-7950 + Q-RINGS
 
走行後の感想。・・・しばらく先になりそう・・・
 
参考:
 

 

以上。
(2018.01.16)

 

 

スポンサー リンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください