富田林 寺院巡り ミニヒルクライム

大阪府のサイクリングコース
27-101_K1 河内長野コース
富田林 寺院巡り 約 21㎞
 
紅葉真っ只中、夕陽に照らされる龍泉寺。
龍泉寺
 
走るだけのいつものコースを観光案内で調べてみると、周辺には歴史のある寺院が多くあり、一度は見ておかねばと訪ねてみた。
彼方児童公園をスタートし、5か所に立ち寄り(短いながらも激坂を踏破する必要あり)、再び彼方児童公園に戻るコース。

スポンサー リンク

スタート・エンドの彼方児童公園。
彼方児童公園
 
愛車には、激坂に備えて34Tのスプロケット。
BMC SLC01
 
1. 願昭寺・・・ショートヒルクライム – 1
 
願昭寺までの経路。
願昭寺までの経路
 
最初の訪問地、願昭寺への入り口。
願昭寺
 
距離:640m 全体平均斜度:11.8% 最大標高差:77m。激坂、且つ、門前まで距離があり、残り100m辺り(F地点)で歩きになった。
願昭寺
 
A地点からの坂道。
願昭寺
 
B地点からの坂道。
願昭寺
 
C地点からの坂道。
願昭寺
 
D地点からの坂道。
願昭寺
 
E地点からの坂道。
願昭寺
 
F地点からの坂道。
願昭寺
 
G地点からの坂道。
願昭寺
 
H地点からの坂道。
願昭寺
 
入り口横に、いきなり仁王像が現れた。右側の仁王像が阿形(あぎょう)像、左側の仁王像が吽形(うんぎょう)像なのだろうか・・・製作中。
願昭寺
 
五重塔と鐘楼。
願昭寺
 
五重塔。
願昭寺
 
鐘楼。かなり大きい。
願昭寺
 
願昭寺正面の庭。
願昭寺
 
願昭寺。
願昭寺
 
願昭寺本堂。
願昭寺
 
願昭寺。
願昭寺
 
願昭寺(がんしょうじ)
真言宗系の新宗教である八宗兼学真修教(はっしゅうけんがくしんしゅうきょう)の大本山であり、信者達の手作りによる寺院として知られている。八宗兼学とは、特定の宗旨宗派に偏しない教えで、釈迦如来の教えを八宗の教義を基として兼修することを意味する。八宗とは、わが国古代仏教諸宗の南都六宗と天台宗・真言宗の八宗のことを指す。
南都六宗
三論宗(さんろんしゅう)、成実宗(じょうじつしゅう)、法相宗(ほっそうしゅう)、倶舎宗(くしゃしゅう)、華厳宗(けごんしゅう)、律宗(りっしゅう) 。
 
願昭寺を出ての下り。
願昭寺
 
F地点からの下り。
願昭寺
 
B地点からの下り。
願昭寺
 
2. かんぽの宿 富田林・・・ショートヒルクライム – 2
 
かんぽの宿 富田林までの経路。
かんぽの宿 富田林までの経路
 
2つ目の訪問地、かんぽの宿 富田林。【ようこそオレンジラインへ】という看板から登る。
かんぽの宿 富田林
 
距離:1.5km 全体平均斜度:10.3% 最大標高差:156m。ほぼ均一の傾斜で、距離が少しあるがノンストップで登れた。
 かんぽの宿 富田林
 
登り始めの直線(A地点からの坂道)。
かんぽの宿 富田林
 
第1コーナーを回って(B地点からの坂道)。
かんぽの宿 富田林
 
城山オレンヂ園の幟が出てきた(C地点からの坂道)。
かんぽの宿 富田林
 
城山オレンヂ園入り口に向かう辺りからの眺め(D地点)。
かんぽの宿 富田林
 
城山オレンヂ園入り口(E地点からの坂道)。
かんぽの宿 富田林
 
城山オレンヂ園入り口(E地点)。かんぽの宿 富田林
 
みかん畑が多い。龍泉寺手前辺り(F地点)。
かんぽの宿 富田林
 
G地点からの坂道。
かんぽの宿 富田林
 
H地点からの坂道。
かんぽの宿 富田林
 
特別養護老人ホーム オレンジ荘が見えてきた(I地点からの坂道)。
かんぽの宿 富田林
 
最後のカーブ手前(J地点からの坂道)。
かんぽの宿 富田林
 
かんぽの宿 富田林入り口に到着。
かんぽの宿 富田林
 
かんぽの宿 富田林。
 かんぽの宿 富田林
 
かんぽの宿 富田林
天然温泉(温泉名 : 富田林嶽山温泉)で、のどかな田園風景と金剛・葛城山を一望できる開放的な露天風呂が自慢。
 
かんぽの宿 富田林からの下りでの、河南町方面の眺望。
かんぽの宿 富田林
 
3. 龍泉寺
 
3つ目の訪問地、龍泉寺。かんぽの宿 富田林から坂道を半分ほど下った左手に駐車場があり、ここから入る。
龍泉寺
 
国の重要文化財になっている仁王門(におうもん)からの龍泉寺。
龍泉寺
 
龍泉寺。
龍泉寺
 
名勝に指定されている境内の庭園。
龍泉寺
 
龍泉寺案内板の内容。
龍泉寺は、推古天皇2年(594年)、仏教興隆のため、蘇我馬子が創建した寺院と伝えられている。寺伝によると、この地に悪龍が住む池があり、里人に害を与えていたので、馬子が呪を誦し法を修すると、龍は仏法の威に勝てず飛び去った。しかし、その後付近一帯は水が枯れて寺も里も衰えてしまったが、弘仁14年(823年)正月8日、弘法大師が加持祈祷すると、法味に感じた龍が再来し、水も豊かになったので、これにちなんで池の3島には弁財天、聖天、叱天をそれぞれ祀り、牛頭天王(ごずてんのう)を鎮守とした。・・・
龍泉寺
 
龍泉寺からの仁王門。
龍泉寺
 
龍泉寺の参道を下る。
龍泉寺
 
龍泉寺の参道を下る。
龍泉寺
 
龍泉寺の参道を下る。
龍泉寺
 
龍泉寺
嶽山(だけやま)中腹にたたずむ真言宗の寺院で、594年、蘇我馬子(そがのうまこ)により創建されたと言われている。
仁王門(におうもん)は国の重要文化財に、また、境内の庭園は名勝に指定されている。
 
4. 楠妣庵観音寺・・・ショートヒルクライム – 3
 
楠妣庵観音寺までの経路。
楠妣庵観音寺までの経路
 
4つ目の訪問地、楠妣庵観音寺(なんぴあんかんのんじ)への入口。
楠妣庵観音寺
 
距離:342m 全体平均斜度:8.7% 最大標高差:32m。距離は短いが最後に激坂があった。
楠妣庵観音寺(なんぴあんかんのんじ)
 
楠妣庵観音寺への最初の登り:A地点。
楠妣庵観音寺
 
楠妣庵観音寺への道:B地点。
楠妣庵観音寺
 
楠妣庵観音寺見えた残り30mほどが激坂で、歩いて上る:C地点。
楠妣庵観音寺
 
楠妣庵観音寺の裏門に到着。
 
裏門とは別に山門がある。山門を見上げる。
楠妣庵観音寺
 
山門手前にある楠公像。
楠妣庵観音寺
 
山門より恩光閣を望む。
楠妣庵観音寺
 
山門より激坂の参道・階段を見下ろすも段が見えない。
楠妣庵観音寺
 
楠妣庵観音寺(なんぴあんかんのんじ)本堂。
楠妣庵観音寺(なんぴあんかんのんじ)
 
楠妣庵観音寺・本堂内部。
 
観音堂への階段。
楠妣庵観音寺
 
正面:久子の念持仏十一面観音の観音堂とその左に供養塔とお墓。
楠妣庵観音寺
 
久子の草庵。
楠妣庵観音寺
 
観音堂より本堂を望む。楠妣庵観音寺
 
楠妣庵観音寺(なんぴあんかんのんじ)
甘南備(かんなび)にたたずむこの寺院は、楠木正成(くすのき まさしげ)夫人が、夫と子の戦死後に出家し、菩提を弔った所といわれている。夫人の没後、この庵(いおり)を観音寺(かんのんじ)と改め、楠木家の菩提寺とされた。  
楠木正成の妻で、正行(まさつら)の母である久子が、夫と息子の戦死後に出家して、菩提を弔ったところ。久子は「敗鏡尼」を名乗り、楠妣庵(なんぴあん)を建てたという。この地には正行が建てた観音殿もあり、弟・正儀が敗鏡尼の没後に「観音寺」と改めて、一族の菩提寺とした。その後、観音寺、楠妣庵ともに兵火によって焼失したが、大正6年(1917)に楠妣庵が再興。次いで観音寺も再建された。この地は敗鏡尼の故郷でもあり、境内にある石造りの五輪塔は、その墓とも伝えられる。
 
5. 富田林市農業公園サバーファーム
 
5つ目の訪問地、 富田林市農業公園サバーファーム。
富田林市農業公園サバーファーム
 
富田林市農業公園(サバーファーム)
約20haの園内には自然の恵みや美しさを体感できるスポットがいっぱい。「どろんこランド」では、旬の野菜の収穫や花摘み、「もぎとりランド」では夏から秋にかけてぶどう狩りが楽しめる。熱帯の果物がなる大温室「魔法ハウス」の隣では、押し花教室などが開かれる体験実習館が人気。人に役立つ植物類が植えられた「果樹・薬樹展示園」、ハーブガーデンとバラ園が広がる「香りの園」、四季の花が観賞できる「花畑」などよりどりみどりだ。他にアスレチック遊具が並ぶ「ぼうけん砦」、ボール遊びなどができる「芝生広場」、とれたて野菜などが味わえるレストランやバーベキューハウス、地元の農産物直売所などもある。
 
6つ目として、彼方児童公園に戻る手前に『瀧谷不動尊』があるが、日が沈むのが早く、時間がなかったのでまたの機会にする。
 
新大和橋からの夕日。
新大和橋からの夕日
 

以上。
(2017.11.26,27,28)

スポンサー リンク

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください