北河内サイクルライン(北河内自転車道線)を走る

大阪府のサイクリングコース
27-036 北河内サイクルライン(北河内自転車道線)約 45㎞
 
2010年に開通した第二京阪(国道1号バイパス)の側道が整備され、北河内サイクルラインが全線完成。
 
北河内サイクルライン
 
この「北河内自転車道:時計回り」は、鶴見緑地を起点にして大阪中央環状線の自歩道や淀川・穂谷川の河川敷及び第二京阪道路を利用して、再び鶴見緑地に戻る延長45.5kmの周遊自転車道で、今回、これを反時計回りに走ってきた。
 
以下に、北河内サイクルラインを写真で記録。
 
スポンサー リンク
 
 
北河内と南河内。(Skitchで描画。)
北河内と南河内
 
この所、南河内を走ることが常態化していたので、久しぶりに少し北に行ってみた。エリアが変わるとジョギングをする人の多さや街の雰囲気、そしてロードバイクの文化も違っているように感じる。また、山が遠い地域にはこんな風景もあるのかと気付かされる。(山のネキがいい。)
・北河内サイクルラインは、ランニングをする人がとくに多い。
・淀川河川敷は、クロモリに乗っている人が多い。
・西三荘に「ゆとり道」なるユニークな遊歩道があった。
住むところの環境によって、それぞれの生活スタイルが形成される、と考えられるので、住むところを選択することは極めて重要と改めて感じる。
 
北河内とは:かつて大阪府にあった郡で、河内国の北東部にあたる地域。現在の、枚方市・交野市・寝屋川市・門真市・守口市・大東市・四條畷市で、京阪電車沿線が主体となる。
北河内
 
鶴見緑地中央第2駐車場まで車で行き、自転車を組み立ててスタート。天気も良く、暖かい一日になりそうだ。
鶴見緑地中央第2駐車場
 
駐車場を出て、北河内サイクルラインのスタート地点である【門真JCT】に向かう公園前の道。
門真JCT】に向かう、公園前の道
 
咲くやこの花館といのちの塔(展望塔)。
咲くやこの花館といのちの塔(展望塔)
 
鶴見緑地中央口。
鶴見緑地中央口
 
 
迎賓館前。
迎賓館前
 
【門真JCT】に到着。左に見える歩道橋を渡る。スロープを緩やかに作ってあり、自転車に乗ったまま上れる。
【門真JCT】に到着。左に見える歩道橋を自転車に乗ったまま上る。
 
歩道橋の上から第二京阪のジャンクションを望む。左の歩道橋を下れば北河内サイクルラインの新しいスタート地点。
歩道橋の上から第二京阪のジャンクションを望む
 
北河内サイクルラインのスタート地点。左側が歩道、右側がサイクリングロード。こんなにきれいな【自転車道】が整備されていることに驚く。
北河内サイクルライン
 
しかしこの自転車道は、黄土色の小石を固めたような道になっており、所々でジャリ道の振動を感じる。だが、この【黄土色】の道をずっと辿れば「北河内サイクルライン」なので、特徴があって分かり易い。
北河内サイクルライン
 
北島東交差点 。
北島東交差点
 
左側を走る自転車道が、高架になっている第二京阪の日陰になる。いい天気なのだが、ずっと日陰になっているところばかりを走ることになり、寒い。(夏は、涼しいかも。)
 
下島頭北。信号が多く、殆んど赤に遭遇。
下島頭北
 
上馬伏北。
上馬伏北
 
宮前南。所々で、自転車道が途切れるが【黄土色】の道を探して進めばよい。
宮前南
 
太平ポンプ場前。
太平ポンプ場前
 
讃良川(さんらがわ)の交差点。
讃良川(さんらがわ)
 
小路北交差点。殆んどの信号で停車するので、写真を撮る時間が生まれる。
小路北
 
みはらし公園横。この辺りは、結構な登り坂になっている。
みはらし公園横
 
太秦高塚町。坂の上に、遺跡の看板があった。
太秦高塚町
 
寝屋川公園の横辺り。「長い下り坂注意」の看板が立っている。
寝屋川公園 横辺り
 
寝屋川公園西2号。
寝屋川公園西2号
 
寝屋2。
寝屋2
 
津田北5。
津田北5
 
私部西5を過ぎた所で、天野川を渡る七夕橋。
私部西5を過ぎた所で、天野川を渡る七夕橋
 
天野川。
天野川
 
私部西2北。
私部西2北
 
京阪交野線を超える陸橋。手前を右に行けば、自転車に乗ったまま越えられる歩道橋があった。
京阪交野線をを超える陸橋
 
陸橋の上から見る京阪交野線。丁度いいタイミングで、「きかんしゃトーマス」の絵が一面に描かれた車両が来た。
京阪交野線
京阪交野線
 
青山三丁目公園にある、北河内サイクルラインの休憩場所に到着。ベンチがあるだけで、トイレ無し。
青山三丁目公園にある北河内サイクルラインの休憩場所
 
休憩場にある北河内サイクルラインの案内板。
休憩場にある北河内サイクルラインの案内板
 
案内板に従って、青山3から右側の道に出る。
案内板に従って、青山3から右側の道に出る
 
津田南町1で、再び左側の道に戻ってみる。
津田南町1で、左側の道に戻ってみる
 
津田南町1にあった、北河内サイクルラインの標識。
北河内サイクルライン
 
枚方市津田低区配水場で一休み。
枚方市津田低区配水場
 
枚方市津田低区配水場前からの道。
枚方市津田低区配水場前
 
くにみの丘公園というのがあり、トイレもある。
くにみの丘公園
 
津田北町3の交差点。
津田北町3交差点
 
津田北町3交差点で、左折して片町線の藤阪駅に向うべきところを、「黄土色」の道が続いていたので直進してしまう。八幡内里の交差点まで行き過ぎて、初めて道を間違えていることに気が付く。思えば、京都府に入った辺りから道が極端に悪く・汚くなっていたので、北河内サイクルラインが終わっていたということ。
八幡内里の交差点まで行き過ぎる
 
これで、約13km を余計に走り、戻り道を探している間に1時間ほどもロスする。さらに、この間に太陽が陰り、曇り空になって寒くなり、よけいに気が滅入る。
 
この後、山田池公園の東入り口まで戻った。
山田池公園
 
山田池公園。大きい公園で、花の季節は美しいのだろうと想う。
山田池公園
 
 
山田池公園を北出入り口から出て、穂谷川(ほたにがわ)の川沿いから山田池公園を振り返ってみたところ。
穂谷川(ほたにがわ)の川沿いから山田池公園
 
穂谷川(ほたにがわ)の川沿いを西に進む。
穂谷川(ほたにがわ)の川沿い
 
京阪牧野駅に出る。
京阪牧野駅
 
コースを間違えた結果、穂谷川沿いの北河内サイクルラインを走る事が出来なかった。(穂谷川の右岸)
 
線路を越えて、牧野橋交差点から淀川に向かう。
牧野橋交差点から淀川に向かう
 

牧野パークゴルフ場横の堤防に出た。ここからは信号もなく、淀川を下るだけ。
牧野パークゴルフ場横の堤防に出た

関西医科大学に渡る橋の袂に、北河内サイクルラインの標識が。
関西医科大学に渡る橋の袂に、北河内サイクルラインの標識が

 
関西医科大学附属病院のベンチでトイレ休憩。多くのサイクリストが休んでいた。
関西医科大学附属病院
 
風が向かい風で且つ寒いので河川敷の道を走るも、信号はないが至る所に車止めがあり、ストップアンドゴーを繰り返すことになる。堤防の上の道を走るべきだった。
 
近畿自動車の下を潜った所で、淀川河川敷の道は行き止まり。
近畿自動車の下を潜った所で、淀川河川敷の道は行き止まり
 
堤防に上がって少し川下に行ったところに、堤防から降りる細い急坂があったので、ここを降りると「大阪大学漕艇部」の艇庫があった。
「大阪大学漕艇部」の艇庫
 
パナソニックの工場横に整備されている自転車道を走る。
パナソニックの工場横に整備されている自転車道を走る
 
京阪本線「西三荘駅」の高架下を潜って直進する。
京阪本線「西三荘駅」の高架下を進む
 
西三荘ゆとり道に入る。通りに区切られた区画があり、それぞれにテーマが決められたユニークな遊歩道になっている。
西三荘ゆとり道
 
西三荘ゆとり道.。この道が鶴見緑地まで続いている。
西三荘ゆとり道
 
無事、鶴見緑地の北口に帰着。走行距離 約60km。
ガーミンエッジでナビしているにも拘らず、なぜ道を間違えたのか。原因分析が必要。ナビされている道は『ピンク色』。通常、オフロードになると警告がひつこいほど出て、ひきかえせということになるはずだが・・・。
 
 

以上。
(2018.03.03)

 
             

スポンサー リンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください