大野寺と西光寺の 枝垂桜を見に行った

奈良県のサイクリングコース
29-001 室生周回 約38km
 
NHKのテレビで「大野寺の枝垂桜」が紹介されているのを見て、室生周辺の桜を見るコースを作成し、早速出かけることにした。
 
大野寺の枝垂桜。
 
残念ながら、内牧の垂れ桜と佛隆寺の千年桜は、見ることが出来なかった。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
大野寺の駐車場を起点・終点とする 【29-001 室生周回 約38km】のコース地図。
 
コースのポイントと標高差。
 
 
 
 
 
1. 室生寺
 
茶店や旅館を過ぎると、眼前に太鼓橋が現れる。
茶店や旅館を過ぎると、眼前に太鼓橋が現れる
 
太鼓橋の上から眺める室生川:上流側。
太鼓橋の上から眺める室生川:上流側
 
太鼓橋の上から眺める室生川:下流側。
太鼓橋の上から眺める室生川:下流側
 
太鼓橋わたると、室生寺の境内に入る。
太鼓橋わたると、室生寺の境内に入る
 
女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」の別名がある。
女人禁制だった高野山に対し、 女性の参詣が許されていたことから「女人高野」の別名がある
 
 

 室生寺
 室生寺(むろうじ)は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。本尊は釈迦如来。山号を宀一山(べんいちさん)と号する。奈良盆地の東方、三重県境に近い室生の地にある山岳寺院である。宇陀川の支流室生川の北岸にある室生山の山麓から中腹に堂塔が散在する。平安時代前期の建築や仏像を伝え、境内はシャクナゲの名所としても知られる。

 
 
慶雲殿横の駐車場の桜 。
慶雲殿横の駐車場の桜
 
室生寺境内案内板。
室生寺境内案内板
 
仁王門。
仁王門
 
門の両脇で構える仁王像。
門の両脇で構える仁王像 門の両脇で構える仁王像
 
鎧坂を登って金堂へ。
鎧坂を登って金堂へ
 
金堂。
金堂
 
金堂から本堂への石段。
金堂から本堂への石段
 
本堂(灌頂堂)。
本堂(灌頂堂)
 
本堂(灌頂堂)横の桜と、その奥に五重塔が見える。
本堂(灌頂堂)横の桜と、その奥に五重塔が見える
 
五重塔。
五重塔
 
土門 拳 が愛した山気がジーンとする室生寺。
土門の「室生寺ひとむかし」によれば、 1946(昭和21)年初夏、土門は荒木良仙住職と語り合い、 老師に四季の中でどの季節の室生寺が一番美しいかとたずねた時、 「全山白皚々たる雪の室生寺が第一等であると思う」と答えた。 土門は雪の室生寺を知らず、蝉時雨の降るような青葉の室生寺が、一番好きだった。 1978年 - 3月、初めて雪景の室生寺を撮影。
 
五重塔。
五重塔
 
五重塔。
五重塔
 
奥の院への参道。
奥の院への参道
 
奥の院への参道。
奥の院への参道
 
奥の院への参道。
奥の院への参道
 
常燈堂。
常燈堂
 
常燈堂から麓を望む。
常燈堂から麓を望む
 
七重石塔。
七重石塔
 
御影堂(奥の院)。
御影堂(奥の院)
 
五重塔の横辺りを下山。
五重塔 横辺りを下山
 
 
 
2. 西光寺
 
室生寺の近くの小高い山の中腹に、融通念仏宗の小さなお寺:西光寺がある。
室生寺の近くの小高い山の中腹に、融通念仏宗の小さなお寺:西光寺がある
 
西光寺の縁側で、昼食の弁当を食べる。
西光寺の縁側で、昼食の弁当を食べる
 
西光寺前の畑で。
西光寺前の畑で
 
西光寺前の畑で。
西光寺前の畑で
 
西光寺の枝垂桜。
西光寺の枝垂桜
 
 

 西光寺の枝垂桜

 樹齢は約300年で、大野寺の桜の親木だとも伝えられている。

「城之山桜」とも呼ばれている。

 
 
 
3. 榛原内牧から室生湖の湖岸を走り大野寺へ
 
国道R369:伊勢本街道に入り、榛原内牧から榛原檜牧を経て、室生湖の湖岸を走り大野寺へ帰る。
 
榛原内牧辺りの桜。
榛原内牧辺りの桜
 
 

 室生湖

 室生ダム(むろうダム)は奈良県宇陀市室生大野地先、淀川水系木津川左支名張川の小左支川である宇陀川に位置するダムである。旧名宇陀川ダム。

 名張川・淀川下流部の治水、大阪府・京都府など関西圏の水がめとして建設された木津川上流ダム群の1つであり、高山ダム(名張川)・青蓮寺ダム(青蓮寺川)についで三番目に完成した。堤高63.5mの重力式コンクリートダムで、淀川水系に建設された国土交通省・水資源機構管理ダムのなかでは小規模の部類に入る。
 ダム湖は室生湖(むろうこ)と呼ばれる。

「室生湖」はもともとが陸地だったため、ぎりぎりの高さに自生していた木々がそのまま残り、雨が降って水位が上がると、まるで湖に浮かぶ小さな島のような不思議な風景になる。風のない日は湖面が鏡のように周囲を映し出し、さらに感動的だ!

 
 
 
4. 大野寺
 
大野寺。
大野寺
 
大野寺の枝垂桜。
大野寺の枝垂桜
 
大野寺の枝垂桜。
大野寺の枝垂桜
 
大野寺の枝垂桜。
大野寺の枝垂桜
 
大野寺の枝垂桜。
大野寺の枝垂桜
 
 

 大野寺
 大野寺(おおのでら、おおのじ)は、奈良県宇陀市室生大野にある真言宗室生寺派の寺院である。山号は楊柳山、本尊は弥勒菩薩、開基は役小角と伝える。室生寺の西の大門に位置する。宇陀川岸の自然岩に刻まれた彌勒磨崖仏があることで知られ、枝垂桜の名所としても知られる。

 
 
弥勒磨崖仏の線刻。笠置寺の磨崖仏(みろくまがいぶつ)を模して造立された。
弥勒磨崖仏の線刻
 
大野寺の境内。
大野寺の境内
 
大野寺の境内。
大野寺の境内
 
 
大野寺は、テレビで放映があったせいか、大変な人出だった。
 
本日のアクティビティ。
走行距離:43.81 km、走行時間:3:20:30、上昇高度:809 m
 
参考:
 

 

以上。
(2014.04.08)

 

 

スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 近畿サイクリングへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください