感激 自転車保険でロードサービスを利用した

ロードバイク メンテナンス
走行中にタイヤがパンク
自転車ロードサービスに救われる
 
『パーン』というビックリするほど大きな音がして振り向くと、妻の自転車がパンクしている。

幸いにも、近くに小さな公園があったので、公園のベンチに座り、早速予備のチューブに交換。

パンク修理には慣れているので、簡単に完了。携帯ポンプで、高圧まで空気を入れていると・・・又もや『パーン』。
 
2本目のチューブは、穴ではなく破裂状態
破裂したチューブ
 
思案の末、初めて「ロードサービス」を呼ぶことを決断。
 
 
スポンサー リンク
 
 
走行コース
妻と一緒に、大阪府と和歌山県に跨がる「峠」を走破すべく、大阪府の岬町にある【道の駅 みさき 夢灯台】まで車で輪行し、大阪府南端の岬をめぐる予定だった。
 
 
1. パンクしたタイヤの状態とパンクの原因
 
パンクしたタイヤと2本のチューブ。チューブは、同じ位置に穴が空いている。
パンクした、タイヤとチューブ
 
タイヤには、マップピンの頭が入るほどの亀裂が入っている。
タイヤには、マップピンの頭が入るほどの亀裂が入っている
 
1本目のチューブに空いた穴。
1本目のチューブに空いた穴
 
2本目のチューブは、穴ではなく破裂状態。
2本目のチューブは、穴ではなく破裂状態
 
何処でパンクしたのか、パンクした辺りを見に行くと、どうも、この工事中の道に切られた「溝」に入ったようだ。(避ければよいものを・・・)
工事中の道に切られた「溝」に入ったようだ
 
幸いにも、近くにあった小さな公園で、パンク修理。
幸いにも、近くにあった小さな公園で、パンク修理
 
 
予備のチューブも無くなり、お手上げに。
タイヤにこれほど大きな損傷が起きるとは想定しておらず、予備のチューブは1本しか持っていなかった。(私のタイヤはチューブレスの為、予備のチューブは無し。)
やむなく、「ロードサービス」にお世話になってみることに。
 
 
2. 実体験したロードサービス
 
走行していたコースと、パンクした地点。
走行していたコースと、パンクした地点
 
加入していた自転車保険。
au損保 自転車向け保険 Bycle
家族タイプ
¥8,090(¥674/月)
 
 
コールセンターの対応。
スマホに登録しておいた au損保 に電話するも、ロードサービスを要請する窓口の電話番号ではなく、別の連絡先を案内されるが正確に記憶できず、筆記用具も持っていない。ところが幸いなことに公園にいたので、地面に石ころでメモを取ることができたお陰で電話が繋がる。ロードサービスの要請には手間取ったが、対応は親切丁寧で問題なし。ただ、自分の位置を克明に伝えることの難しさを感じた。
 
到着したロードサービス。
電話が終わってから、待つこと1時間と45分。コールセンターからは、1時間半ぐらいと告げられていたので、ほぼ予定通り。
なんと、4tものトラックのレッカー車が到着。
運転席の後ろの荷台に、ロードバイクを立てたまま積むことに。
 
出発点まで、搬送してもらう。
搬送してもらえるのは1台だけで、「人」は別
というのがルールとのことだが、運転手さんのご厚意(あくまでも)で、2台とも積んでもらった上に、2人とも助手席に乗せていただき、スタート地点の 道の駅 みさき 夢灯台 まで、搬送していただいた。
 
 
レッカー車は、和歌山市内から来てくれたとのことで、付近の地理には精通されており、待っていた小さな公園まで迷うことなく来てもらえた。
待ち時間の1時間と45分は、最善の解決策と思われる。
初めての「ロードサービス」に、なんと便利なことかと感激した。
 
 
au自転車保険のロードサービスは、年4回まで利用可能で、50kmまでなら自転車を無料で搬送してもらえる。年に4回もお世話にはなりたくないが・・・。
 
帰宅後に知ることになったが、スマホのアプリ「自転車の日」をダウンロードしておけば、GPSで自分の位置を特定してくれ、且つ、呼び出しも簡単と分かり、早速インストールした。
 
 
3. タイヤの交換
 
今までは、ミシュラン プロ4 サービスクルス 700×23C レッド を使用していた。
 
同じ「レッド」のタイヤは種類も少なく、ミシュラン リチオン2 を購入。
ミシュラン リチオン2
 
ミシュラン リチオン2 の赤色は、プロ4 と同じ。
ミシュラン リチオン2 の赤色は、プロ4 と同じ
 
 
4. 反省点
 
①.メモ用紙を持参する。
 
②.タイヤの破損に備えて、タイヤブート を購入。(タイヤがダメな場合、予備のチューブを何本持っていても意味がない。)
パークツール タイヤブート TB-2
 
これからは、パークツール タイヤブート TB-2 を、持参することにした。
パークツール タイヤブート TB-2
 

 

以上。
(2019.05.03)

 

スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 近畿サイクリングへ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください