知らなかった LOOK KEO メモリークリップ

ロードバイク + ペダル + クリート
LOOK KEO
クリートには「メモリークリップ」が付いている
 
LOOK KEOのメモリークリップなるものを、今日の今まで知らなかった。新しい「KEOブレード」のペダルを購入し、箱から付属のクリートを取り出した時に【 MEMORY ADJUSTMENT 】に目が留まり、説明文を読んでみることになる。
 
LOOK KEO メモリークリップ
 
以下に、KEOクリートについている「メモリークリップ」の使い方を記す。
 
スポンサー リンク
 
 
箱に書かれている【 MEMORY ADJUSTMENT 】の横には、クリートを交換する際に、「メモリークリップ」で元の位置が保持できる、とある。
「メモリークリップ」で元の位置が保持できる
 
 
使用中のシューズ
 
早速、現在使用中のシューズを調べてみると、クリートの中央にゴムが入った穴があった。
クリートの中央にゴムが入った穴があった
 
このゴムを、取り出してみる。
ゴムを、取り出してみる
 
ゴムが抜けた先に、まだ穴が開いている。
ゴムが抜けた先に、まだ穴が開いている
 
クリートを取り外してみると、シューズには、クリートを止める3つの穴以外に、もう1つ穴が開いている。
シューズには、クリートを止める3つの穴以外に、もう1つ穴が開いている
 
ペダルに付属のクリートを見てみると、裏側に黒いパーツが嵌まっている。
裏側に黒いパーツがはまっている
 
これを外してみる。この黒いパーツが「メモリークリップ」。
この黒いパーツが「メモリークリップ」
 
 
「メモリークリップ」を取り付けてみる
 
SIDIシューズの付属品を探してみると、小さいボルトとワッシャーが2つ出てきた。これが、「メモリークリップ」を固定するボルトだった。
小さいボルトとワッシャーが2つ出てきた
 
クリートを固定し、さらに「メモリークリップ」もボルトで固定した。
「メモリークリップ」もボルトで固定した
 
クリートを外してみると、「メモリークリップ」だけが残る。次からは、この「メモリークリップ」にクリートを合体させて取り付ければ、元の位置が容易に復元できるということ・・・何で知らなかったのか?。
「メモリークリップ」にクリートを合わせれば、元の位置に復元できる

※:シューズによって、「メモリークリップ」用の穴がないものがある。
 
 
クリートの購入
 
「KEOブレード」ペダルを装着するに合わせ、「KEO GRIP」を購入。
「KEO GRIP」を購入
 
ペダルに付属のクリートには、グリップ用のゴムがついていない。
ペダルに付属のクリートには、グリップ用のゴムがついていない
 
「KEO GRIP」。
「KEO GRIP」
 
 
クリートの装着
 
「KEO GRIP」を取り付け、「メモリークリップ」もボルトで固定。
「KEO GRIP」を取り付け、「メモリークリップ」もボルトで固定
 
「メモリークリップ」の穴に、ゴムのカバーを嵌める。
「メモリークリップ」の穴に、ゴムのカバーを嵌める
 
ゴムのカバーは無くてもよさそうだが、汚れが入らないように被せる。
ゴムのカバーは無くてもよさそうだが、汚れが入らないように被せる
 
完成。
LOOK KEO クリート取付完了
 
 
KEO COVER を購入
 
また、「KEO COVER」も新着した。
KEO COVER
 
KEO のクリートカバー。
KEO のクリートカバー
 
クリートカバーを取り付けた状態。
クリートカバーを取り付けた状態
 
 
ついでに、SIDIシューズのノンスリップ ラバーヒールも交換した。
SIDIシューズのノンスリップ ラバーヒールを交換
 

 

以上。
(2018.09.16)

 
             

スポンサー リンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください