暑くてもライドしたい! 酷暑を乗り切る レモン はちみつ 漬け

ロードバイク + 補給と回復
酷暑を乗り切る レモンのはちみつ漬け
 
35°以上の気温が続き、気力も萎える。この暑さにめげずバイクに乗る気が起こるようにと、『レモンのはちみつ漬け』にトライしてみた。
 
レモンのはちみつ漬け
 
以下、レモンのはちみつ漬けの作り方。

スポンサー リンク

 
トライ履歴
初回:近くのスーパーで買ったレモン + 頂き物のはちみつ
 ・レモン:アメリカ産 10個(2個 168円 → 1個 84円)
近くのスーパーで買ったレモン
 ・はちみつ:南ハチミツ(石川県)= アルゼンチン産 600g
南ハチミツ(石川県)
 
2回目:ニュージーレモン + 国産はちみつ「アカシア」
 ・レモン:ニュージー産(5個 + 4個)
 ・はちみつ:自家採り天然蜂蜜(アカシア)福島県 800g
 
3回目:ニュージーレモンの残り + 国産はちみつ「百花」
 ・レモン:ニュージー産3個
 ・はちみつ:国産(福岡)百花蜜 250g 
 
 
 
1. 用意するもの
 
①.レモン選び。
 海外から輸入されたレモンには、農薬が使われている。市販のレモンに、この農薬が基準値を超えて残留していることはないが、皮ごと食べるには少し抵抗感がある。
 そこで、国産で且つ、防腐剤・ワックス不使用のレモンを使うことにする。
しかし、日本産レモンの場合、11月~2月にかけて収穫し、その後は冷蔵貯蔵して、6月上旬まで順次冷蔵保存したレモンが出荷される。ということで、一番食べたい【夏の間】は国産が手に入らない。
 仕方がないので、日本とは季節が逆の「ニュージーランド」産で、防腐剤・ワックスを使っていないレモンを手に入れることにした。
 
防腐剤・ワックス不使用のニュージーレモン
手に入れた、ニュージーレモン。 1kg 1,490円 送料込みで 2,354円
1個当たり約230円。
 
②.はちみつ選び
 これも、国産を選択。花の種類があり、取り敢えず「アカシア」にした。
 
蜂蜜が足らなかったので、補充した国産はちみつ。
国産はちみつ
 
③.容器
 百均に行けば、手ごろな容器が、幾種類もあるが、完全に密封できるものはなく、容器を振ると液が漏れるのが残念。
 
 
2. 作り方
 
①.容器を『煮沸消毒』する。
 沸騰したお湯に、容器を浸し煮沸消毒を行う。
 
②.レモンを輪切りにする。
 レモンを洗って、皮ごと3から5mmの厚さに、スライスする。
 
③.はちみつを入れる。
 輪切りにしたレモンを1枚ずつ瓶に入れ、その上からハチミツをかけながら、レモンとハチミツを交互に重ね合わせながら入れてゆく。
 
少し太めの瓶2つを用意し、1つにはレモン4個を、もう一つにはレモン5個をいれ、それぞれにハチミツ 400gを入れてみた。
レモンのはちみつ漬け
 
細めの瓶で、残ったレモン3個に・ハチミツ 250gを入れると、瓶が一杯になった。
レモンのはちみつ漬け
 
レモンとはちみつの割合。
レモン 1個 : はちみつ 80g = 約700円(レモン 1個 当り)
この程度の比率が良いのではないか。
 
 
3. 保存
 
一日経過した状態。写真写りが良くないが、琥珀色のとろみ(百花の蜂蜜)に黄色が透けて、視覚的にもさわやかな感じがする。
レモンのはちみつ漬け
 
一日経過した状態。こちらはアカシアの蜂蜜なので、色が薄くより透明感が楽しめる。
レモンのはちみつ漬け
 
一週間経過した状態。
レモンのはちみつ漬け
 
食べ時。
冷蔵庫で保存する。
・一晩寝かせると、次の日から食べられる。
・一週間ほど漬け込むと、はちみつの甘みがレモンに染み込む。
・消毒が完全であれば、最大6か月ほど保存できる。
 
 
 
4. 食べ方
 
①.レモンをそのまま、皮ごと食べる。
 
②.レモンから出た水分が溶けたはちみつを、大さじ2杯ほどコップに入れて飲む。
 ・お湯で割れば、レモネード。
 ・炭酸水で割れば、レモンスカッシュ。
 ・紅茶に入れれば、レモンティー。
 
③.焼酎に入れて飲む
 焼酎の水割りに、レモンのはちみつ漬けを入れて飲むと、『強肝効果』があるそうだ。・・・これが、なんとも旨い。
 
 
5. 効能
 
①.蜂蜜の主成分は糖分
 蜂蜜の糖分は吸収が早く(体への負担が掛かりにくい)、効率良くエネルギーになると共に、エネルギーとしての持ちも良いのでスポーツにはもってこい。
 
②.レモンに含まれるクエン酸
 新陳代謝を活発にし疲れた体を癒す働きがあるので、激しい運動などの疲労回復に良い。糖分と一緒に摂る事で効果がアップするので蜂蜜との相性が良い。
 
③.レモンに含まれるペクチン
 腸の動きを良くする働きがある。はちみつにも整腸効果があるので、ダブルで腸内環境に良い影響が期待できる。
 
④.レモンに含まれるエリオシトリン
 レモンの蜂蜜漬けを皮ごと食べれば、皮により多く含まれるエリオシトリンというポリフェノールの一種に、中性脂肪を減らす働きがある。
 
⑤.レモンのビタミンC
 蜂蜜の抗菌作用やブドウ糖・ビタミン・ミネラルとあいまって、免疫力UPに繋がる。
 
⑥.レモンの皮に含まれるリモネンやシトラール
 脳の疲労回復を助ける働きがあり、リラックス効果が期待できる。また、これらレモンの持つファイトケミカルには、口臭予防にも効果がある。
 
 
 
4回目:ニュージーレモン + 国産はちみつ「みかん蜜」(2018.08.12)
 
購入したハチミツ。
購入したハチミツ
 
購入したレモン。
購入したレモン
 
使用したレモンとハチミツとの割合。
使用したハチミツ
 
出来上がったレモンのはちみつ漬け。
出来上がったレモンのはちみつ漬け
 
 

以上。
(2018.07.20)

 

スポンサー リンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください