ロードバイク 楕円リング の インナー で チェーンが落ちる

チェーンキャッチャー / チェーンフォールプロテクター
チェーン外れ 脱落防止 に
チェーンキャッチャー を取り付けてみた
 
今まで、チェーンが落ちることなど殆んどなかったので、脱落防止のプロテクターを付けたことがなかった。しかし、ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリングを導入してから、フロントをインナーにシフトする際、しばしばチェーンが外れるようになった。
 
K-Edge チェーンキャッチャー クランプタイプ (K13-010)
K-Edge チェーンキャッチャー クランプタイプ  (K13-010)
 
以下、K-Edgeのチェーンキャッチャーを取り付けた記録。
 
スポンサー リンク
 
 
フロントディレイラーのセッティングと調整。
 
 フロントディレイラーは、チェーンガイドがアウターのチェーンリングと面一になるようセットする。
フロントディレイラーのセッティング
ロー側の調整
ロー側の調整 
 
チェーンのリンクが、ギアの歯から外れると、チェーンは落ちる。
 
楕円リングに変えたことにより、チェーンが外れる、又は、外れやすくなった。原因と思われる事象。
 
原因:その1。
フロントがアウターで、リアがトップの状態から、フロントをいきなりインナーにシフトチェンジするというように、チェーンが極端に斜めになる掛け方をするとチェーンが落ちる。・・・楕円リングに限らないが。
 
原因:その2。
上り坂で立ちこぎしながら変速すると、「がギャギャン!!」という異音と共に、嫌な手ごたえを感じる。この時、弦の弓のようになっているチェーンに強い負荷がかかり、リンクが歯から外れる。・・・楕円リングに限らないが。
 
原因:その3(想定)。
①.楕円にしたことにより、チェーンの長さを、+2 リンク 足し、長くした。
②.変速時の楕円の位置によっては、チェーンの長さが大きく変化する。
この結果、
リアディレーラーのテンションプーリーが、チェーンの長さを最適に保つだけのテンションを【 瞬時に 】与えられないため、リンクが歯から外れる。
 
プロのチームであるSKYで、楕円リングを愛用する「クリス・フルーム」でさえ、チェーンキャッチャーを使用しているという。
 
ということで、フロントディレイラーのセッティング・調整だけが原因ではなかろうと、チェーンキャッチャーを取り付けることにした。
 
 
K-Edge チェーンキャッチャー クランプタイプ (K13-010)
 
フロントディレイラーがバンドでの取付けタイプなので、クランプタイプのものにした。
K-Edge チェーンキャッチャー クランプタイプ (K13-010)
 
フロントディレイラーの下に取付けた。
K-Edge チェーンキャッチャー クランプタイプ (K13-010)
 
インナーギアとの隙間を、ギリギリの位置にした。
K-Edge チェーンキャッチャー クランプタイプ (K13-010)
 
走行実績を重ね、装着効果・結果を記載・・・予定。
 
 
参考:K-EDGE ロード 直付 チェーンキャッチャー (K13-001)
 
直付フロントディレイラーの場合。
直付フロントディレイラーの場合
 
K-EDGE ロード 直付 チェーンキャッチャー (K13-001)を、フロントディレイラーを取り付けるボルトを利用して、取付ける事ができる。
K-EDGE ロード 直付 チェーンキャッチャー (K13-001)
 
 
参考:チェーンフォールプロテクター
 
「チェーンフォールプロテクター」と呼ばれる安価なアイテムもある。
チェーンフォールプロテクター
 
チェーンフォールプロテクターを取付けた状態。。
チェーンフォールプロテクター
 
参考:
 

以上。
(2018.05.06)

 
             

スポンサー リンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください