リアディレイラー(RD)プーリーの交換

ロードバイク カスタマイズ
リアディレイラー(RD)プーリーの交換
 
 シールドベアリングやセンタロン機構の付いたプーリーに交換すると、

異常なほどに変速抵抗が少なくなり、

シフトアップでは『クン』とひとさばきに、

シフトダウンではレバーに抵抗を感じなくなる・・・という。
 
シマノ Dura-Ace RD-9000 プーリー
 
プーリーの交換だけで、そんな恩恵を得られるなら交換せずにはいられない。
 
スポンサー リンク
 
 
 
 
スポンサー リンク
 
 
 
1. リアディレイラーのプーリーについて
 
リアディレイラーのプーリーには、

ガイドプーリーとテンションプーリーの2つのプーリーがあり、

矢印の方向にチェーンが送られる。
リアディレイラーのプーリーについて
 図の(A)は、チェーンの脱落を防止する為のピン。
 
ガイドプーリーは、
スプロケットの指定位置にチェーンを送り、

テンションプーリーで、
変速されたチェーンの長さを最適に保つ、
テンションを与える。
 
ガイドプーリー
 
ガイドプーリーの歯は六角形で、進行方向の指定が無い。

一般的には、11Tとなっている。
ガイドプーリー
 
 
テンションプーリー
 
テンションプーリーの歯は五角形で先が尖っており、

尖った先が進行方向になるように取り付ける。

こうすることで、歯先がチェーンラインに合うようになっている。

これも一般的には、11Tとなっている。
テンションプーリー
 
 
 
2. プーリーの機構について
 
 
シールドベアリング
シールドベアリングを採用することで、低抵抗な回転を実現する。

シールドベアリングのプーリーの場合、オイルもグリスも不要。
 
 
センタロン機構
ガイドプーリーが左右に動く事で、変速フリクション(抵抗)を軽くする機構。

力が入った時の状態で多段変速を行うと、バギバキと音を立てて変速する事がある。

これはガイドプーリーの送りに対してチェーンが追いついていないという、
いわばタイムラグによって発生する現象で、

ガイドプーリーがワンクッション置いて、
チェーンの移動に合わせてプーリーが左右に動けば、
チェーンをいなす効果が生まれる。

即ち、ガイドプーリーがワンクッション置いて動けば、
多段変速しても軽く変速できるようになる。

DURA ACEには、テンションプーリーにもセンタロン機構が搭載されている。
 
 
スポンサー リンク
 
 
 
3. シマノ製品のグレード別仕様
 
グレード別・機構の有無・まとめ。
シマノ製品のグレード別仕様
 
①.【 105 RD-5600 】の仕様。赤丸印がブッシュ式。
シマノ 105 RD-5600 仕様
 
ガイドプーリーとテンションプーリー、双方とも赤丸印のブッシュになっている。

但し、ガイドプーリーのみセンタロン機構が付いている。
シマノ 105 RD-5600 仕様
 
②.【 ULTEGRA RD-6700 】の仕様。シールドベアリングにカバーがある。
シマノ ULTEGRA RD-6700-A 仕様
シマノ ULTEGRA RD-6700-A 仕様
 
③.【 DURA-ACE RD-7900 】の仕様
シマノ Dura-Ace RD-7900 仕様
 

④.【 DURA-ACE RD-9000 】の仕様。
【 DURA-ACE RD-9000 】の仕様

RD-9000_ガイドプーリーとベアリング。
RD-9000_ガイドプーリー

 
 
 
4. プーリーの交換要領
 
DURA ACE RD9000のプーリーを購入。

ガイドプーリーとテンションプーリー共に、シールドベアリングで、且つ、センタロン機構も搭載されている。
シマノ Dura-Ace RD-9000 プーリー
 
ホイールを外して作業する。

チェーンがあっても作業できるが、チェーンも外した方がよりやり易い。

チェーンがあると、テンションが掛かっているのでプーリーを手で抑えておかないと、 ネジが外れた時にプーリーが飛んで行く。
 
①.RD-5701-GS のプーリー交換。
プーリーの交換要領
 
プーリーの取外し。
プーリーの取外し要領
 
プーリーの取付け。
プーリーの取付け要領
 
②.RD-6700-A GS のプーリー交換。
プーリーの交換
 
リアディレイラー(RD)プーリーのカスタマイズ結果
①.1段階での、シフトアップやシフトダウンでは変則音がしなくなった。

②.変則が一瞬だけ遅くなった気がする。
 気のせいか?。
 
 
 
5. RD-R9100のプーリーについて
 
RD-R9100のプーリーは、
ガイドプーリーの歯が高くなっており、
チェーンによっては、チェーンが浮いてスムーズに回転しないとか、
高くなった分、溝が深すぎてチェーンが離れにくい、
といった報告があったので今回は見送った。
 

以上。
(2018.03.13)

 

スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 近畿サイクリングへ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください