生駒山 長尾の滝ルートの詳細

2021年5月9日

生駒山周辺トレッキングルートの詳細
長尾の滝ルートの詳細
標高:429m 距離:約 2.5km
 

 生駒山 長尾の滝ルート

 生駒山の山頂を目指す「摂河泉展望コース」から分岐して、「長尾の滝」を経て枚岡公園に戻るコースで、殆んど利用者がいない荒れた道だった。

 
奥まった所に滝がある。これを「雄滝」と言うようだ。天龍院の奥にある長尾の滝「雄滝」。
 
スポンサー リンク

1. 長尾の滝ルートの位置づけと地図

生駒山トレッキングルートにおける、長尾の滝ルートの位置づけ。
生駒山へのハイキングルート
 
長尾の滝ルートの地図。
長尾の滝ルートの地図
 
「長尾の滝ルート」は、枚岡公園から摂河泉展望コースの位置標示標識板「せ – 11」の合流地点までとなっている。

今回は、摂河泉展望コースの分岐点から入り、「長尾の滝」がある「天龍院」を経て、枚岡公園に戻るまでの詳細を記録。

 
 

2. 長尾の滝ルートの詳細

摂河泉展望コースの上り方面からの、分岐点の様子。左:長尾の滝、右は「暗峠」。
左:長尾の滝、右は「暗峠」への分岐点に出る
 
ここに「摂河泉展望コース:せ – 11」がある。直進すると生駒山上方面。
摂河泉展望コース:せ - 11
 
「長尾の滝」方面への、道の様子。
「長尾の滝」方面の、道の様子
 
長尾の滝ルートに入る。
長尾の滝ルートに入る
 
「府民の森 ぬかた園地」との下辺境界に沿って北上する。
「府民の森 ぬかた園地」との下辺境界に沿って北上する
 
少し登りが続く。
少し登りが続く
 
正面に「←長尾の滝・額田駅」と書かれた標識が現れる。
正面に「←長尾の滝・額田駅」と書かれた標識が現れる
 
ここで左折して、下りに入る。
ここで左折して、下りに入る
 
道はぬかるんでおり、左にはロープが張ってある。
道はぬかるんでおり、左にはロープが張ってある
 
「←ぬかた園地 長尾の滝→」の標識がある。
「←ぬかた園地 長尾の滝→」の標識がある
 
怪しい道だが、「長尾の滝→」の標識を頼りに進む。
怪しい道だが、「長尾の滝→」の標識を頼りに進む
 
岩がゴロゴロしている急斜面を、渓谷の中に降りる。
岩がゴロゴロしている急斜面を、渓谷の中に降りる
 
小さい橋を渡って、渓流沿いを下る。
小さい橋を渡って、渓流沿いを下る
 
少しマシな道になる。
少しマシな道になる
 
と、道が途絶える。
と、道が途絶える
 
振り返って標識を確認してみる。「ぬかた園地 慈光寺→」と書かれている。
振り返って標識を確認してみる。「ぬかた園地 慈光寺→」と書かれている
 
川を渡って見ると、向かいの山裾に道があった。
川を渡って見ると、向かいの山裾に道があった
 
道が狭く怖い。
道が狭く怖い
 
やがて、正面に「長尾の滝・額田駅→」と書かれた標識が現れ、手前に右下に降りる手摺りが見える。
やがて、正面に「長尾の滝・額田駅→」と書かれた標識が現れ、手前に右下に降りる手摺りが見える
 
手摺りを伝って、下に降りる。
手摺りを伝って、下に降りる
 
「慈雲尊者 座禅石」と書かれた石柱がある。
「慈雲尊者 座禅石」と書かれた石柱がある
 
右に、「慈雲尊者住山 雙龍庵遺址」と刻まれた石碑が建っている。
右に、「慈雲尊者住山 雙龍庵遺址」と刻まれた石碑が建っている
 
左に、「慈雲尊者 座禅石」が・・・怖くて前には行けない。
左に、「慈雲尊者 座禅石」が・・・怖くて前には行けない
 
見上げると、庵らしきものがある。
見上げると、庵らしきものがある
 
 

 「雙龍菴(そうりゅうあん)」

 慈雲尊者飲光がこの地に「雙龍菴(そうりゅうあん)」という庵を結び、江戸時代の宝暦八年(1758)から十四年間の長きを隠棲した地です。もっとも、慈雲尊者は純粋な仏教者で、修験との関わりはありませんでした。また、「雙龍菴(そうりゅうあん)」は現在この地になく、長栄寺に移築、保存されています。

 
 
下には境内が見える。
下には境内が見える
 
境内の方に降りる。
境内の方に降りる
 
「八大龍王」等の石碑。
「八大龍王」等の石碑
 
奥まった所に滝がある。これを「雄滝」と言うようだ。
奥まった所に滝がある。これを「雄滝」と言うようだ。
 
天龍院、「八大龍王」が本尊。
天龍院、「八大龍王」が本尊
 
事務所と休憩所がある。
事務所と休憩所がある
 
石段を、さらに降る。
石段を、さらに降る
 
石段の様子。
石段の様子
 
「長尾の滝」説明板がある。
「長尾の滝」説明板がある
 
これが、行者修行用の「雌滝」で、上部の樋から流れ落ちて滝修行が行なえるようにしてあるようだ。
これが、行者修行用の「雌滝」で、上部の樋から流れ落ちて滝修行が行なえるようにしてあるようだ
 
参道を振り返って、下から見た様子。
参道を振り返って、下から見た様子
 
石の道が、広くなった。
石の道が、広くなった
 
「喜多地蔵尊」と書かれている。
「喜多地蔵尊」と書かれている
 
電柱を取り替える工事が進行中。
電柱を取り替える工事が進行中
 
渓流沿いの道を下る。
渓流沿いの道を下る
 
「長尾渓」と書かれた看板がある。
「長尾渓」と書かれた看板がある
 
徐々に、道が広くなって行く。
徐々に、道が広くなって行く
 
住宅街まで降りてきた。
住宅街まで降りてきた
 
住宅の角に「長尾の滝、雙龍菴跡、慈光寺 →」の標識が立っている。
住宅の角に「長尾の滝、雙龍菴跡、慈光寺 →」の標識が立っている
 
降りてきた道を、振り返った様子。
降りてきた道を、振り返った様子
 
「重願寺」の前を通って、枚岡公園管理事務所前に帰着。
「重願寺」の前を通って、枚岡公園管理事務所前に帰着
 
 
「長尾の滝ルートの状況」。
長尾の滝を見る以外、ハイキングを楽しむコースでは無い。
 
 

以上。
(2021.03.23)

 
スポンサー リンク

26 生駒山

Posted by tacsan