HOME → 

Dura-Ace FC-7950 インナーを Q-RINGS に交換

ロードバイク + コンポーネント
Dura-Ace FC-7950 コンパクトクランク
インナーチェーンリングを Q-RINGS に交換
 
妻が使用している、Dura-Ace のコンパクトクランク FC-7950 にも、ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリングを導入した。Dura-Ace の FC-7950 クランクは、アウターリングとクランクが一体となったデザインのため、アウターを変えるにはクランク全体の交換が必要であるが、普段走行の殆んどがインナー使用のため、アウターを変える必要性はないと考え、FC-7950 のままで、インナーのみの交換とした。
 
ROTOR Q-RINGS
 
インナーは楕円率が小さいため、効果が分かりにくいと思われるが、さて。
HOME → 

シマノ WH-7850-C24-CL ハブ の 分解 と グリスアップ

ロードバイク ホイール メンテナンス
ハブのオーバーホール
シマノ WH-7850-C24-CL ハブ の 分解 と グリスアップ
 
WH-7850-C24-CL リアの、軸組みユニットと玉押し。
WH-7850-C24-CL ホイール の オーバーホール
 
以下に、シマノ WH-7850-C24-CL のオーバーホール手順を記す。
HOME → 

コンパクトクランクに ROTOR Q-RINGS オーバルチェーンリングを導入

ロードバイク コンポーネント メンテナンス
Rotor(ローター) Q-RINGS PCD 110 ROAD 50T OCP3
オーバルチェーンリングを導入
 
他人のロードバイクを注意して観察していると、Rotor の Q-RINGS を導入している人が多いと感じるようになった。
(どうしてもそこに目が行くのかもしれないが・・・。)
 
オーバルチェーンリングって何? 
ペダルに一番力がかかる角度で最大ギアを使い、
力を掛けにくい角度では軽いギアにしてチェーンを瞬時に通過させれば、
自転車はグッと進むようになるはず、
ということで、ギアを真円ではなく楕円にしたチェーンリングの事。

オーバル・チェーンリング(Q-RINGS)に変更することで、
ペダリング効率をアップさせる。

※:チェーンリングが楕円形になるだけで、クランクの長さは固定長なので、足の回転は真円運動に変わりはない!。
 

年老いた貧脚には、ひょっとして救世主になり、世界が変わるのではないかと、走りなれたセッティングの機材ではあるが、思い切って交換してみることにした。

Rotor Qrings

HOME → 

チューブラータイヤ 出先で初めてのパンクを経験

ロードバイク チューブラータイヤでの走行
瞬間パンク修理剤を携行して、
応急処置をするという保険も必要。
 
 
・zipp 202 Vittoria CRONO チューブラー 出先でパンク。
・シーラント カフェラテックス を入れていたが期限切れか、役に立たず。
・マルニ クイックショット を携行し、 応急処置をするという保険も必要。
 
 
マルニ クイックショット。
HOME → 

ZIPP 202 ハブ の 分解 と グリスアップ

ロードバイク メンテナンス
スプロケットとハブのオーバーホール
ZIPP 202 ハブの分解とグリスアップ
 
zipphubr1走行中、足を止めると後輪のラチェット音が余りにも大きく、一緒に走っていた妻が『その音がイヤラシイ』(追い上げられているようで)というので、ハブを分解しグリスを詰め込むことにした。
ハブの分解は非常に簡単で、2mmのアーレンキー一本で用が済む。グリスを詰め込んで見たが、まだそれなりに音はする。
HOME → 

やっと ヴィットリア Magic Mastik 入手

ロードバイク + メンテナンス
ヴィットリア Magic Mastik で、
“チューブラータイヤ“の扱いが劇的に変わる。
 
magicmastik2在庫切れでなかなか入手できなかった、ヴィットリア Magic Mastik がやっと手に入った。
この製品は、ユニークな特性を持つチューブラー用接着剤で、 塗布/接着作業が非常に簡単で、且つ、簡単に剥がせるという。
HOME → 

Campagnolo Shamal Ultra 2 Way Fit をクリンチャーにする

ロードバイク + ホイール + タイヤ
Campagnolo Shamal Ultra 2 Way Fit
 

valiant1Hutchinson の Fusion 3 Tubeless を装着して4年ほどが経過しており、走行距離は短いが、タイヤの表面に無数のひび割れが出て来た。まだ使用には差支えないと思われるが、クリンチャータイヤが余っており、これを早く使わねばと、今回はチューブレスではなく、クリンチャーのパナレーサー EXTREME VALIANT EV2 に交換した。
2 Way Fit なのでリムテープは不要。チューブは R-AIR にした。

 
参考:
 

以上。
(2016.05.30)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 
HOME → 

走行中にリアディレーラー RD-6700-A GS の根元が折れる

ロードバイク + コンポーネント
リアディレーラーの破損
 
坂道でトルクをかけた時、いきなり破損。
以前、落車が原因でディレーラーハンガーが折れ、リアディレーラーが曲がった経験はあるが、ディレーラーハンガーが曲がり、リアディレーラーが折れるとは・・・初めてのトラブル。

・リアディレーラーを取り外す
・チェーンを切り短くして接続
・リアの変速機なしで帰宅
 
 
HOME → 

超ワイドレシオ カセットスプロケット の 34T化 = 前後比 1:1 後がない

ロードバイク + コンポーネント
Dura Ace ST-7900 10speed

カセットスプロケット の 34T化
 
34t03
 
妻のヒルクライム対策として、スプロケットの34T化に取り組んできたが、この経験が自身の役に立つことになってしまった。
Dura Ace のスプロケットは28TがMaxなので、マウンテンバイク用のDEOREシリーズのリアディレーラーとスプロケットを幾種類も購入し、最適な組み合わせの試行錯誤を繰り返し、28T → 30T → 32T そして遂に → 34T に辿り着く。