~アラカンからのサイクルライフ~

ロードバイク 携帯ポンプ どれがいい

ロードバイク + 装備品
携帯用空気入れ(携帯ポンプ)
 
ロードバイクに乗るなら、必須の装備品が【 携帯ポンプ(空気入れ)】。出先でパンクしたとき、これがないと帰ってこれない。
 
心配のあまり、自転車に乗り慣れないうちに買ってしまうので、間違いの多いポンプ選びになってしまう。以下、携帯ポンプ遍歴を記載。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
自転車に乗り慣れないうちのポンプ選びは、間違いの多いもので、パンクを何回か経験して・携帯ポンプで何回か空気を入れてみて、徐々にどんなポンプが良いか判ってくるものである。最初は、空気圧が測れるケージ付きで、足踏みがあってフロアポンプ的な使い方ができるものを選んだり、極端に小さくて軽いものを選んだりしがちである。以下に選択ポイントを示す。
①.本体バルブに直結タイプより、ホース付きのほうが圧倒的に入れ易い。
②.何気圧まで入れられるか(7~8BARまで)。
③.ポンピング回数はどれぐらいか(1回のポンピングで入る空気量)。
 
 
1. おすすめの逸品:Topeak RaceRocket HPX
 
現在愛用中の、Topeak RaceRocket HPX。
 
Topeak RaceRocket HPX は、ホースが出てバルブへの固定もネジ式で入れやすく、ポンピングストロークも長く、 高気圧まで入れられる。
 
 
2. 携帯ポンプ遍歴
 
Topeak Micro Rocket CB MasterBlaster ・・・ とにかく小さく軽量。
 
とにかく小さく軽量で選んだが、バルブに直結タイプなので、使いずらかった。
 
Topeak Micro Rocket CB MasterBlaster を装着した状況。
  
Topeak Mt. Rocket CB MasterBlaster:世界最小クラスという文句につられ、間違って購入した『MTB用』。
 
携帯ポンプには、ロードバイク用とMTB用の2種類があることが、後で分かった。ロードバイク用は高気圧まで入れられるが、MTB用は4気圧くらいしか入れられない。ロードモーフとかマウンテンモーフとかの名前がついているので、注意して購入すべき。
 

Topeak Mt. Rocket CB MasterBlaster:小径車用にと・・・慰める。

 
上記に追い打ちをかけて失敗したのが次で、ポンピングがやりずらかったので、ハンドが【 T字型 】になるものを買ってみた。
Topeak Mt. Rocket CBT MasterBlaster のTハンドル仕様。
 
Topeak Mt. Rocket CBT MasterBlaster のTハンドル仕様。
 
Topeak Turbo Morph G ゲージ付 太径モーフ。
最初に購入したもので、空気圧が測れるケージ付きで、足踏みがあって・・・と。携帯できるものではないし、フロアポンプにもならない。
 
Topeak Turbo Morph G ゲージ付 太径モーフの空気圧ケージ。
 
Topeak Turbo Morph G ゲージ付 太径モーフ・・・ 足で踏みつけるペダルが折れる。フロアポンプとして初期の空気入れ用に使用・・・と慰める。
 
携帯ポンプのサイズ比較。サイズで選ぶものではない。
・RaceRocket HPX: L250 x W26 x H21mm 109g。
・Micro Rocket CB MasterBlaster: L160 x W24 x H21mm 55g
 
 
3. パンク対策のための携行品
 
サドルバッグに入れているものの例。
 
【クリンチャータイヤ】の場合。
7:交換用予備チューブ と
8:タイヤレバー は必須。
 
【チューブラータイヤ】の場合。
瞬間パンク修理剤 マルニ クイックショットを携行すべし。
 
携帯ポンプの代わりに、CO2 ボンベを携行される方もおられるが、私の場合は、携帯ポンプ派。
 
 
まとめ = お勧め:Topeak RaceRocket HPX
 
 
参考:
 
 
 
 

以上。
(2018.02.04)

 

 

スポンサー リンク