新緑が鮮やかな ”トトロ街道” を走ってきた

大阪府のサイクリングコース
27-051 トトロ街道 約 4.8㎞
 

緑のトンネルをくぐり抜けるには、この時期が一番と思い出かける。

南河内サイクルラインを河内長野に抜けてR310に出る。くずの口交差点まで登った後、信号をを過ぎたところを右折し、三日市町駅まで下り、高野街道からトトロ街道を目指す。帰りは、千早口駅の手前から南河内グリーンロードでR310に戻る。
 
 
 
スポンサー リンク
 
 
 ”トトロ街道” とは
南海高野線の三日市町駅から天見駅の間にある、旧高野線(三日市町駅~極楽橋駅までは単線だった)の廃線跡に造られたサイクリングコースで、緑のトンネルをくぐり抜けることから、誰かがこの名前を付けたと思われる。
 鶯の鳴き声だけが聞こえる、たいへん静かな道で、
 登りではあるが傾斜は緩やかで、道路状況もよい。
 

河内長野から、R310を登り、くずの口交差点まで行く。

この信号を右折するのではなく、少し通り過ぎたところを右折。

交通量が殆どない、ロードバイクにはちょうど良い道幅の田舎道を行く。

しばらく走ると214号に出て、これを右折。

くずの口からずっと下りで、三日市町駅まで行ける。

三日市町駅から、南海高野線に近い371号(高野街道)にでて、新町橋交差点を過ぎてから石仏北に行くまでの間にある唯一左折できる道を曲がり、天見川を渡り右に上ると踏切に出る。

踏切を渡った所が、トトロ街道のスタート地点になる。

すぐに緑のトンネルが現われる。

青い橋(R371)が見えるあたり。(石仏南)

R371の下を潜る。

いきなり明るいところに出ると、集落が見えてきた。

集落の外れで昼食にする。気温23℃。爽やかな青空の下、鶯の鳴き声を聞きながら、持参したおにぎり弁当を食べる。

南海高野線の横に、段々畑が広がる。

丁度田植えが始まった日に遭遇するも、まだ水を張っていない田が残る。

千早口駅を通過。

千早口駅を過ぎると踏切があり、線路右側の、狭い通路に入らなければならない。

陽射しも鮮やかな緑の廊下。

国道371号線のバイパス工事中の下か?2017年開通らしい。

トトロ街道は、天見駅手前で終わり。

天見駅前にある観光案内地図。

天見駅。

天見駅にある踏切。

天見駅の駐車場。ここからさらに上に登れば、紀見峠に出るが、ここで折り返し。

天見駅の下にある、『あまみ温泉 南天苑』。この建物は、辰野金吾による建築で有名(東京駅や日本銀行)。もともとは、堺の大浜公園に建設された施設がここに移築されたとのこと。次回は昼食を予約して来たい。

トトロ街道に戻る。

天理教烏丸分教会のところで右折し、R310に抜けるべくバイパスに入る。

カフェ&レストラン『歩絵夢』に寄って、お茶にする。

鳩原トンネルを抜けて、R310に戻る。

走行距離、約63㎞。 

以上。
(2017.06.03)

 
             

スポンサー リンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください