~アラカンからのサイクルライフ~

街道をゆく『大和丹生川(西吉野)街道』柿山・柿畑の柿の中を走った

街道をゆく『8-3. 大和丹生川(西吉野)街道』
奈良県のサイクリングロード
29-0251 下市中央公園~R20~R138~R137~下市中央公園 約30km
 
毎年この時期になると、柿が鈴なりになった風景が思い出され、走りに行きたくなるコース。今年も、もう柿も終わりかと、最後のチャンスと思い出かけた。
 
 
 
コース地図
 
下市中央公園まで車で行き、スタート & エンド。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
司馬さんの旅の時期 1975年9月
  
紀行テーマ・地点・歴史
 

 山が箱庭の蓬莱山といった感じで屏風のように里の背を立てめぐらせている。 小高い所には白亜に勾配の深い屋根をかぶせた城郭のような真言寺院があり、家々の配置に秩序があって、 それぞれが石垣を組みあげ、小藪などをめぐらし、柿の木を点在させて、 日本の村里の なかでも景観の美しい村の仲間に入るだろうと思われた。 ? ? ・・・ 司馬遼太郎

 
『丹生川 』の川筋を訪ねる。
 ◆西吉野町唐戸: にしよしのちょうからと。
 ◆西吉野町十日市:丹生川流域に沿って広がる集落。
 ◆西吉野町奥谷:JAならけん西吉野柿選果場と直売所がある。 
 
 
29-0251 下市中央公園~R20~R138~フルーツロード 約30km
 
このコースは、街道をゆくの 8-3. 大和丹生川(西吉野)街道 に一部が重なっているが、司馬さんが見た【西吉野町唐戸: にしよしのちょうからと】がどこだったのかが分からなかった。又、司馬さんの旅の時期は 1975年9月だから、柿には少し早かったのではないか。
 
 
コースのポイントと標高差
 
 R20からR138をへてR137に至るR138は失敗だった。とてつもない激坂であると同時に上の方は道が悪く、ロードバイクで走るには困難であった.。
 
 
下市中央公園
 
下市中央公園まで車で行き、ここでバイクを組み立てる。
 
総合体育館。
 
駐車場。
 

駐車場の隣にある、ゲートボール場。

 
R20
 
ここからR20に出て、 R20の長い激坂をひたすら上る。山の中という感じで、特にみるものもない。道の細い所があり、対向車が来ると少し怖い。
 
R20を下ったところに、白銀局と云う立派な郵便局がある。
 
 
西吉野町十日市
 
ここを右折して、R138に入るが、この辺りが『西吉野町十日市』。
 
『西吉野町十日市』。
 
丹生川流域に沿って広がる集落。
 
丹生川。
 
丹生川流域に沿って広がる集落。
 
かつて市が立っていたそうである。
 
柿山。
 
R20からR138をへてR137に至るR138は失敗だった。
とてつもない激坂であると同時に上の方は道が悪く、ロードバイクで走るには困難であった。 
 
西吉野町夜中と云う集落辺りまで来ると、開けて明かるくなった。
 
 この辺りの山は、見事に、柿・柿・柿だらけである。
 
五條市内が望める。
 
五條市内が望める。
 
西吉野町奥谷辺りからの眺め。
 
西吉野町奥谷辺りに出てきた。
 
フルーツロードと言われる道。
 
JAならけん西吉野柿選果場。
 
JAならけん西吉野柿選果場。
 
柿選果場の横にある直売所。
 
柿価格表。
富有柿4㎏約12個¥3,000、たねなし4㎏約14個¥3,000。
 
富有柿。
 
平核無柿(たねなし)。
 
懐かしの、柘榴やアケビが1ツ¥100で売られていた。
 
段ボール箱一箱分の柿を買い、宅急便で送る。
 
下市に向かうフルーツロード脇の柿山。
 
フルーツロードからの眺め。
 
フルーツロードがふれあいロードに。
 
この農道は、アップダウンがあるが、比較的走り易かった。
 
下市に向かうフルーツロード。
 
天気に恵まれた一日だった。
気温 20度。
走行距離 38㎞。
 
 
西吉野を巡る もう一つのコース
 
29-025 下市口駅~R39~R168~フルーツロード 約35km
 
コース地図
 
下市口駅まで輪行し、起点終点とした。
  ◆下市口駅:しもいちぐちえき 近鉄吉野線の駅。
 
 ◆西吉野町神野:にしよしのちょうこうの 。
 
◆フルーツロード:西吉野から、奈良県吉野郡下市町に続く『柿』だらけの道。 
 

以上。
(2016.10.30)

 

 

スポンサー リンク