~アラカンからのサイクルライフ~

大川峠(おおかわとうげ):和歌山の県道65号(岬加太港線)

関西の峠:ヒルクライムコース
大川峠 約 4㎞
平均斜度 7% 最大斜度 10%
 
 
大川峠プロフィール
 
和歌山方面~大阪方面。
 
 
現役の県道だった2車線路が車両通行止めで、車が来ることを全く気にすることなく、左車線でも右車線でも好きな方を走れるのは、なんとも気持ちが良いことか。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
大川峠の位置
 
大阪府の最も西南・和歌山県にある峠。
 
 
 
 
コース地図
 
和歌山県の県道65号(岬加太港線)の、深山湾から大川までのコースで、現在はトンネルが開通しているが、旧道にあるのが大川峠。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 

大川峠::関西ヒルクライムTT 峠資料
スタート地点:大川トンネル南側出口横の車止め
ゴール地点 :ピーク(標識跡の鉄柱下)
標高差 :57m    距離 :0.8km
平均斜度:7.0%   最高斜度:10%強?

和泉山脈を越える峠の内で一番西にあり、紀淡海峡・友ヶ島を望むことができる。

峠の北側は和歌山市大川、南側は和歌山市深山であり、府県境とはなっていない。

 
 
スタート地点の、R65深山。
 
運動広場横の、「休暇村紀州加太」方面への標識。
 
運動広場を通り過ぎた辺り。
 
「左・大川峠」への標識。通行止めのマークが見える。
 
和歌山県側のトンネル左側に、旧道への入り口があるが、車両は入れない。
 
ゲートの横から旧道へ入る。落ち葉が多いが、舗装はそれほど悪くなってはいない。
 
ヘアピンカーブがあり、減速帯が多くあり昔が偲ばれる。
 
ヘアピンカーブが続く辺り。
 
ヘアピンカーブを抜けて、直線部分にでる。
車の通行が全くないので、気楽で自由に走れる。
 
頂上手前に差し掛かる。
 
大川峠の頂上。以前は何かの標識が架かっていたのか、ポールがある。
 
下りに入るも、道路状況は問題なし。
 
車が来ないと分かっていると、左でも右でも道路状況が良い車線を選んで走ることができる。
 
海が見えてきた。
 
大川に降りてきた。
 
終点の、R65大川。
 
ゲート横は、自転車がやっと通れる狭さだった。
 
参考:
 
 

以上。
(2019.05.05)

 

 

スポンサー リンク