~アラカンからのサイクルライフ~

信貴山 ヒルクライム 亀の瀬ルート

関西の峠:ヒルクライムコース
信貴山 ヒルクライム 亀の瀬ルート
(竜田古道経由)

 
信貴山へのヒルクライムは、「ぶどう峠」がダントツで有名だが、奈良県側に回り込みながらコースを探すと、ゲキサカの青谷ルートを始めとして、いくつものコースがある。
 
「竜田古道の里山公園」から、斑鳩方面の眺め
「竜田古道の里山公園」からの斑鳩方面の眺め。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
コース地図
 
ぶどう峠への登り口「大県南」を起点・終点として、反時計回りに走行する 【河内堅上~竜田古道経由~のどか村 約 19㎞ 】のコース。
 
 
コースのポイントと標高差
 
 
1. 青谷のゲキサカ集落をショートカットする道
 
青谷集落のゲキサカ(R183の雁多尾畑:かりんどおばた)を通ることなく、大和川に沿って「JR河内堅上駅」に抜ける道があった。
 
 
R183を大和川沿いに走ると信号がある。この信号を直進=青谷方面に向かわず右折すると、関西本線の陸橋を越えて間もなくのところに、ショートカットの入り口が「2つ」もある。
 
1つ目(手前)の入り口。
 
関西本線沿いの細い道。
 
2つ目の入り口。
 
一旦バイクを降りて、押して歩くほうがいい。
 
関西本線を越える簡易な陸橋。1つ目と2つ目の道がこの橋の手前で合流する。
 
陸橋を越えるると、舗装された細い道になりバイクで走れる。
 
狭い道なのでゆっくり進むと、右の畑に落ちそうで怖い。
 
途中、右の路肩の下がえぐれて、極端に右に傾いた「バンク状態」になっているところがあり、危険を感じて歩く。
 
この付近の方々の「JR河内堅上駅」への生活道路で、人通りがある。
 
集落が見えてきた。
 
家の裏を抜けると、青谷の道が見えてきた。
 
合流地点。この先が「JR河内堅上駅」。
 
「JR河内堅上駅」。
 
「JR河内堅上駅」のホームの様子。
 
 
2. JR河内堅上駅から亀の瀬への道
 
JR河内堅上駅から、線路沿いに東へ進む。
 
途中で、踏切を渡り左折。
 
今度は、線路の右側を大和川沿いに走る。
 
関西本線の線路下をくぐる。
 
亀の瀬に出る。
 
 
3. 亀の瀬から竜田古道の里山公園を経て信貴山への道
 
「亀の瀬地すべり資料室」前をスタート。
 
最初から傾斜がきつい。
 
左にカーブすると、前方に「工事用道路」との看板が見えるも、乗用車が通っていたので直進する。
 
ぶどう峠と違い、車の通行量が殆どないので走りやすいが、傾斜はきつい。
 
亀の瀬地すべり(かめのせじすべり)
大阪府柏原市峠地区・雁多尾畑地区一帯では、過去に地すべりが起こっており、現在でも対策が進められている。
 
水路工:地すべりは降雨の水により発生することが多く、地表水を速やかに地すべり外に排除する工法。
 
登り始めの右手に、「桜の里山公園:亀の瀬 8号園」があり寄ってみた。
 
桜の頃に、もう一度来てみよう。
 
「桜の里山公園:亀の瀬 8号園」。
 
地すべり対策の案内板が並んでいる。
 
本線に戻り、このコース最大の傾斜と思われる地点を行く。
 
難所を乗り越え、少し傾斜が緩やかになった。全く車の通行が無いのが良い。
 
途中で、王寺・大和川方面を望む。
 
「竜田古道の里山公園」に辿り着いた。
 
「竜田古道の里山公園」。
 
「竜田古道の里山公園」の様子。土曜日だが、誰もいない。
 
「竜田古道の里山公園」からの、斑鳩方面の眺め。
 
R183との合流地点。右折し、信貴山に向かう。(直進すると、青谷ルートに合流できる。)
 
最高地点辺り。
 
R183、信貴山に向かう道。
 
竹林寺前あたり。
 
左:のどか村。直進すると R236 信貴山に至る三差路。
 
ここを左折しのどか村に登ったのち、ぶどう峠を下って帰着。
 
参考:

以上。
(2019.03.02)

 

 

スポンサー リンク