~アラカンからのサイクルライフ~

ロードバイク ナビ 比較結果 最適解はこれだ

ロードバイク + サイクルコンピュータ
ロードバイク用の ナビ 最強の最適解
 
ロードバイクで遠くに出かけ、「美しい風景」や「美味しい食事」、あるいは、その地の「歴史や文化」を感じてみるのもいいものだ。
 
しかし、全く走ったことのない地では道がわからず、どこをどのように走れば目的地を効率的に巡る事が出来るか、あるいは、道に迷ってしまうのではないかと不安になる。
 
コースが左方向になると、【ローディ】も左を向いた
 
こんな時、自転車用のナビがあれば便利で、不安が一気に解消される。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
【 GARMIN Edge800J 】を、発売当初から長年使用している。
新しいモデルが次々と発売され販売中止の旧型になったが、サイクルコンピューター機能に不満はなく、買い替えることもなく今日まで来た。
しかし、ここに来て「ナビ機能」に関する不満のマグマが噴出してきた。
 
 
1. 【GARMIN Edge800J】でのナビ要領
 
ルートラボで、走行したいコースを作成し、「ルートの保存」で GPX方式を選択して適当な場所に保存する。
 
パソコンにEdge800Jを接続し、本体またはSDカードの
 \Garmin\NewFiles
に保存たコースの .gpxファイルをコピーする。
 
Edge800J を起動させると、自動的に courseフォルダ内に .fitファイルが作成される。(この時、NewFilesフォルダにコピーした .gpxファイルは自動的に削除される。)
 
「メニュー」から「コース」を選択する。
 
 
コース一覧が表示されるので、ナビさせたいコースを選択する。
 
「出発」を押すと、ナビが開始される。
 
 
 
Edge800J でのスクリーンショットの取り方
①.「設定」→「システム」→「ディスプレイ」→「スクリーンショット」→「オン」でスクリーンショットモードを オンにする。


②.キャプチャしたい画面で電源ボタンを押す。
③.\Garmin\scrn フォルダに bmp形式で保存される。

※ 電源をOffにすると、スクリーンショットモードは Offになる。
 
 
 
2. 【GARMIN Edge800J】のナビ機能に関する不満
 
見にくい。
①.マップが見づらい。
 (地図ではなく、ルート表示だけになる)。
②.現在位置が、周辺の全体観の中で判らない。
③.画面が小さい。・・・要は地図を「俯瞰」したい。
 
下記画像は、コースの開始地点まで「ピンク色」でナビされ、開始地点に辿り着いた後、コースに沿って走り始めた時の画面。
(地図ではなく、ルートと現在位置が表示されるだけ。)

 
 
コースを見失う。
走行予定のコースが、画面から消える。
・コースをたびたび間違える。
・出発地点に辿り着けない時がある。
 
下記画像は、コースが表示されなくなり、その後コースが表示されるも、コース上に乗ってない時のナビ画面。長い一本道の場合は迷うことはないが、入り組んだ道を走行中にコースが長い間表示されないと、どこをどう走っているのかが判らなくなり、道に迷うことがある。

 
 
GARMIN Edge800J での対策
このような時は、Edge の地図表示を【 縮小表示 】にすればよい!
 
 
サイコンの項目も同時に見たい。
ナビ画面では、地図の上に2項目が表示できるが、
他の項目を見るために、サイコン画面の切替えがメンドクサイ。
 
下部の「メニュー」横に表示されている矢印で、画面を左右に切り替えることが出来るが、グローブを付けた状態での切替え操作がメンドクサイ。
 
 
 
 
3. 自転車用ナビ 解決案の種類と比較検討
 
この際、サイクルコンピューターから離れて、ゼロベースで「ナビ」に必要な機能と性能について考えて見る。
 
必要な機能と性能
①.作成したコース地図(gpx/kmlファイル)の取込機能。
②.連続使用時間が長いこと。
 (地図を表示している状態で、バッテリーの持ち 5時間以上)。
③.画面が大きく、地図上での走行位置が判ること。

----------------------- さらに、出来れば -------------------
④.バックライトが調節出来て、昼間でも明るいこと。
⑤.文字の大きさやバランスが良くて、見やすいこと。
⑥.GPSの捕捉が速く、山間部でも測位され、位置精度が高いこと。
⑦.ヘディングアップ(トラックアップ)表示が出来ること。
 
①.地図取込機能。
あらかじめ作成した走行予定コースを取り込んで、ナビ出来ること
ロードバイクでナビが必要なのは、走りたいコースをあらかじめ作成し、予定コースをミスすることなく走る為で、 ルート探索や音声案内は不要。
 
不要な機能
①.ルート探索や音声案内機能。
②.その他、・・・多々あり過ぎて割愛。
 
評価基準まとめ
①.画面が大きく見やすいこと。
②.ナビ機能というより、コースがトレースできて、
  コースを外れているかどうかが『俯瞰』できればよい。
③.GPSの精度が高いこと。
 
 
案A:GARMIN 以外の自転車用ナビにする。
①.パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G520D
②.ユピテル ATLASハンディGPSマップ ASG-CM14
 
案B:Garmin Edge の新型に代える。
Garmin Edge 1030 に買い替える
 
案C:スマホのナビにする。
Runtastic Road Bike PRO を使う
 
案D:GARMIN Edge800J と Google Map の「マイマップ」を併用する。
Edge800J の ナビを使い、位置確認には「マイマップ」を使う
 
 
【 解決案の評価 】
 
案A-①:パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G520D
【 5V型ワイド(108 mm x 65 mm) 】連続使用時間が短すぎる。¥ 21,800-
 
パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G520D
 
ゴリラ CN-G520D の連続使用可能時間:1時間10分。
 
 
案A-②:ユピテル ATLASハンディGPSマップ ASG-CM14
ナビ機能は良さそうだが、サイクルコンピューターとしての機能を併せ持っており、画面が小さい
 
ユピテル ASG-CM14 【ディスプレイ:2.4V型TFTブランビュー液晶】¥ 34,800-
 
案B:Garmin Edge1030 に買い替える
「ナビゲーション機能」が売り文句のようだが、Webサイトでの評判は今一つで、高価すぎる。¥ 83,592-
 
Garmin Edge 1030
 
 
案C:スマホのナビ Runtastic Road Bike PRO
知らない場所に出かけた時、スマホは「カメラ」として活躍し、相当数の写真を撮っている。スマホをナビとカメラで共用するのも手間だし、ナビとして使用すると電池の消耗が早い
 
 
【 Runtastic でのナビ要領 】
 
参考:
 
Runtastic を起動し、メニューから「ルート」を選択する。ルート一覧が表示されるので、ナビさせたいルートを選択する。

 
ルートの概要が表示されるので「このルートを使用」をクリックし、アクティビティ設定を行った後「アクティビティ開始」をクリックする。

 
ナビが開始される。画面の上が「北」なので、進行方向が下向きになっている。走行位置が、常に画面の中央に表示される。

 
Runtastic のナビは見やすく、進行方向が「ヘディングアップ」にならない点を除き問題なし。

 
 
案D:GARMIN Edge800J と Google Map の「マイマップ」を併用する
「マイマップ」はナビではないが、「マイマップ」を利用して現在地を表示すれば、ルートのトレースやルートを見失った時の位置確認はできる。さらに、スマホなので地図の拡大や縮小表示が簡単に行えて便利である。
但し、この案も ”常時表示していると電池の消耗が早い”。
 
「マイマップ」から、該当のコースを選択して地図を表示。
 
 
現在地の確認と、地図の拡大。
 
 
 
4. 自転車用ナビ 解決案の総合評価
 
解決案の検討を進めると、コストパフォーマンス的にベストな解決策は、
 
【GARMIN Edge800J】+【スマホ】の併用 
 
と言うことになるが・・・。
 
ただ、【 スマホの電池切れ 】問題は解決されない。
 
【GARMIN Edge800J】+【ナビ専用機】の併用 で、最適な機器はないか?
 
【GARMIN Edge800J】+【ナビ専用機】の併用
 
 
5. 自転車用ナビ:SONY パーソナルナビ NV-U37
 
生産終了になっている、「SONY パーソナルナビゲーションシステム NV-U37/B」の、中古品を手に入れた。価格は、¥ 16,780-。
 
届いた「中古品」。ケースには入っていなかったが、付属品もすべて揃っており、状態は良い。
 
裏側。
 
左横。
 
下側。
 
GARMIN Edge800J との大きさ比較。
 
GARMIN Edge800J との重量比較。倍近い重さがある。


 
 
● ハンドルバーへの取付
 
ついでに、NV-U37 をバイクに取り付けるマウント「Movaics SONY NV-U37/U35 専用」も購入。
 
万に一の、落下防止対策。
 
左:VIRB、中央:Edge800J、右:NV-U37。
 
コンピューターマウントを、ハンドルからの突き出しが長いものにし、Edge800J と同じようにハンドルの外側に沈めるべきか。

 
コンピューターマウントは、「トライゴン カーボン コンピューターマウント RB-108-3」を使用。

 
 
● 自転車モード
 
NV-U37は、「自動車」「自転車」「徒歩」の3つのナビモードが用意されており、用途に合わせて切り替えることが出来る。
 
「自転車」をタッチする。
 
「自転車」モードに設定すると、現在地アイコンが【自転車乗り=ローディ】になる。
 
 
● ルートのインポート
 
作成した地図(gpx/kmlファイル)を取込には【メモリースティック】が必要で、標準では付属しておらず別途購入が必要。
 
メモリースティック。
『メモリースティック』はソニーが独自に開発した記録媒体
SDカードが主流となった現在、家電量販店に行ってみたが、店頭には置いていなかった。 
『メモリースティックデュオ』
対応しているメモリースティックは「デュオ」で、マニュアルには【メモリースティックPROデュオ 以外のメモリースティックは、おでかけ転送に対応していません。】という記述がある。
 
購入したメモリースティック。
メモリースティック PRO-HG デュオ HX 8GB ¥ 1,988
 
PRO Duo と PRO-HG Duo の違い。
『PRO-HG Duo』
 基本仕様や外形寸法はメモリースティックPRO Duoと同一であるが、端子数はPRO Duoの10ピンから14ピンに増えている。増加分のピンは従来のピンを前後2分割する形で配置したため、端子形状は従来のメモリースティックPROと同一である。そのため、PRO-HG対応機器で従来のメモリースティックPROを使用でき、従来のメモリースティックPRO対応機器でPRO-HGを使うことも出来る
※これ以外の商品は、生産が中止になっている。
 
パソコンとの接続。
本体にメモリースティックデュオが挿入されていれば、“nav-u”本体をUSBケーブルで接続すると、パソコンに「nav-uシステム」と「リムーバブルディスク」が認識される。この「リムーバブルディスク」が “メモリースティックデュオ” になっている。

 
メモリースティックへの転送。(マニュアル P94)
 
「リムーバブルディスク」を開き、「MSSONY」フォルダを作成する。さらに、その下に「ROUTE」というフォルダを作成して、この中に作成したコースファイルをコピーする。
ファイルは、KMLまたはGPX形式のどちらでも良い。

 
 
購入した、カードリーダー/ライター:無くても良い
【メモリースティック】に直接書き込みが必要なのではないかと、「BUFFALO USB3.0/2.0 カードリーダー/ライター BSCR100U3」を、早とちりで買ってしまった。
 
 
● ルートの表示
 
設定画面の「設定」タブから「設定」をタッチする。
 
「地図表示」をタッチする。
 
5ページ目までスクロールし、「ルートのインポート」をタッチする。
 
「インポート」をタッチする。
 
インポートしたいファイルをタッチする。
 
「はい」をタッチする。
 
「OK」をタッチする。
 
インポートした、コースが表示される。
 
これで出かければ、作成したコースをトレースしながら走行できる。
 
 
 
6. ロードバイクのナビ:辿り着いた最適解
 
サイクルコンピューターとナビを分離して、それぞれを独立させる。
【GARMIN Edge800J】+【NV-U37】の併用
 
 
● ルートのトレース
 
コースをインポートして、出発。【ローディ】が上=北を向いている。
 
画面右上にある「方位アイコン」にタッチすれば、進行方向が上になる。
 
コースの出発点を通り、コースをトレースしながら走行。
 
コースが左方向になると、【ローディ】も左を向いた。
 
地図を【 1km 】に拡大してみた。
 
さらに【 500m 】に拡大。
 
さらに【 100m 】に拡大。
 
さらに【 25m 】に拡大。これが MAX。
 
 
作成したコースを表示して、走行してみた感想。
 
①.作成したコースの出発点まで、現在どの辺りを走っているかが、俯瞰できる。
 
②.作成したコースの上で、地図を拡大すればより詳細な位置がわかる。
 
③.サイコンを横で見ながら、「心拍数」等の情報が同時並行で確認できる。
 
④.「オフコース」「コースに戻れ」等がなく、電源を切っても、いつでも・どこからでも再開できる。
 
 
● 画面の大きさ
 
3.5型( 320×240 ) の、半透過型液晶で見やすい。
ロードバイクには最適な大きさ(これ以上大きいと、ハンドルバーを持つ位置が無くなる)。
 
 
● 画面の明るさ
 
半透過型液晶は、画面の表示に太陽光等の反射光も利用して表示させるため、視認性が良く、日中は画面輝度を落としていても、反射光を利用して、見やすい画面になっている。これにより、画面輝度を下げたままでも見えるので、バッテリーにはやさしく、且つ、画面にタッチすれば直ぐに最高輝度に戻せる。(バックライトは、一定時間経過すると、自動的にオフになる。)

常にバックライトをオンにしておきたいところだが、タッチすれば明るくなるので「スタミナ(画面オン)」モードで使用。
 
「省電力モード(画面オフ)」の設定で選択が可能。
・「スタミナ(画面オン)」の場合、バックライトは自動的にオフになる。
・「ノーマル」の場合、バックライトは常にオン。
 
 
● 連続使用可能時間
 
バックライトをオフにした、“スタミナ” モードに設定した場合:最長約9時間と記述されてはいるが、実際には 6~7時間で、ロードバイクで走るには十分な時間である。
 
「省電力モード(画面オフ)」設定。
「スーパースタミナ」
 → 操作していないときに画面を消す。
スタミナ(画面オン)
 → 操作していないときにバックライトを最も暗い状態にする。
   明るい屋外では表示を見ることができる。
「スタミナ(画面オフ自動ガイド)」
 → 操作していないときに画面を消す。
   但し、案内ポイントに近づくと、画面を表示する。
ノーマル
  → 常に画面を表示。

※画面が消えるまでの時間を「10秒」、「20秒」、「30秒」、「1分」から選ぶことが出来る。
 
 
● ハンドルバーへの取付位置の変更
 
手元に近すぎて見えにくかったので、ハンドルの外側に沈めてみた。
 
右レバーと干渉しない、ぎりぎりの位置になった。
 
使用したマウントは、「TOPEAK(トピーク) バーエクステンダー」で取り付け位置を変幻自在に設定できる。
 
「TOPEAK(トピーク) バーエクステンダ」での取付。
 
 
 
 
ひと言でいうと 文句なし これはいい ! 不満=全て解決

 

以上。
(2019.03.06)

 

 

スポンサー リンク