何故 10速ホイール に 11速スプロケが 付けられるか?

 

ロードバイク + ホイール
10速ホイール(11s非対応)に11速スプロケを付ける
何故 10速ホイール に 11速スプロケが 付けられるか
 
「11速なんぞ不要」と、近年殆んどのコンポが11速化される中、「10速」で我慢してきた。

が、新しいフレームを入手したため、コンポも新規に購入せざるを得なくなった。

必然的に新しいコンポは「11速」になったが、何本も保有している「10速のホイール」はどうすればよいのか、という問題に直面する。
 
10速 ホイール を 11速化する
 
以下、10速ホイール(11s非対応)に11速スプロケを取り付けた記録。
 
スポンサー リンク
 
 
 
 
スポンサー リンク
 
 
1. シマノには「10速」ホイール用の「11速」スプロケがある
 
朗報:シマノ「10速」ホイール用の「11速」スプロケ
アルテグラ R8000シリーズ

CS-HG800 11S 11-34T
(ICSHG8001111134)
 
CS-HG800 11S 11-34T。
CS-HG800 11S 11-34T
 
 
 
2. 現状:ULTEGRA RD-6700-A GS 10速で 34T を使用中
 
次のような状態でロードバイクに乗っているという、恵まれた環境にいた。
 
歳と共に山登りが辛くなり、何とかならないかと、ULTEGRA RD-6700-A GS が発売されたことを機に、超ワイドレシオ化に挑戦。

このRDのMAX歯数は 30T でトータルキャパシティーは 39T だが Deore XT の CS-M771 との組合わせで、34Tが使用可能。

10速での前後比1:1を実現。・・・という状態で、保有している多くのホイールを超ワイドレシオにしている環境の中にいた。
 
ULTEGRA RD-6700-A GS 10速で、 34T を使用中
 リアディレーラー:ULTEGRA RD-6700-A GS
スプロケット:Deore XT CS-M771
 
参考:
 
 
 
3. スプロケット:CS-HG800 11S 11-34T 
 
ということで、早速 CS-HG800 11S 11-34T を購入。
CS-HG800 11S 11-34T
 
このスプロケには、1.85㎜ のスペーサーが付属している。

11s ホイールに装着する場合は、
この 1.85mm スペーサーを入れるが、

10s ホイールでこのスプロケを使う場合には、
この 1.85㎜ スペーサーを入れなければよい、

ということになっている。

拠って、問題なく「10速」ホイールで使える、ということになる。
CS-HG800 11S 11-34T
 
このスプロケの歯数構成。
CS-HG800 11s 11-34T
 11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34T


CS-M771 10s 11-34T

 11-13-15-17-19-21-23-26-30-34T
 
「11速」化の恩恵で、26T が 25T と 27T に分割され、「10速」より段差が滑らかになっている。
 
重量は、「339g」。
CS-HG800 11S 11-34T
 
参考:CS-M771 10s 11-34Tの重量「315g」。10速の方が 24g 軽い。
CS-M771 10s 11-34Tの重量
 
11s非対応の、Campagnolo Shamal Ultra2-Way Fit に装着。
10速ホイール(11s非対応)に11速スプロケを付けた
 
歯並びが、やけに美しい。
10速 ホイール を 11速化する
 
CS-HG800の問題点。
① 歯数構成は「11-34T」の1種類のみ。

② ロー34Tに対応できるリアディレーラーは、R8000のGSのみ。
 
 
この組み合わせは、
シマノが出しているスプロケとリアディレーラーなので、
変速性能も良く
シマノが公式に認めている
11s 非対応ホイールを使いまわす
唯一の方法でもある。
 
 
 
4. リアディレイラー:RD-R8000 11S ロー側最大28-34T
 
アルテグラ R8000シリーズの、リアディレイラー【 RD-R8000 11S GS 対応CS ロー側最大28-34T 】。
RD-R8000 11S GS 対応CS ロー側最大28-34T
 
RD-R8000 11S GS。
RD-R8000 11S GS
 
 
スポンサー リンク
 
 
5. 10速スプロケット と 11速スプロケット の違い
 
歯の厚さ、スペーサーの厚さ、ギアピッチの違い。

10速スプロケットと11速スプロケットの違い
 
スプロケットの違い
①.スプロケの一枚一枚の歯の厚さは、10sでも11sでも同じ 。
  【 1.6 mm 】

②.歯と歯の間にある、スペーサーの厚さが異なる。
  10s【 2.35 mm 】
  11s【 2.18 mm 】
  差【 0.17 mm 】

③.この差が、ギアピッチの差になっている。
  ギアピッチの差【 0.17 mm 】
 
STIレバーをワンクリックした時の、リアディレーラーの動き。
10s コンポでは、3.95 mm(1.6 + 2.35)移動
11s コンポでは、3.78 mm(1.6 + 2.18)移動
トップギアから9段階のシフトダウンを行うと、
トップギアから見てローギアでは
0.17 × 9 = 1.53mm
の差が生じる。
 
 
 
6. 10Sフリーボディー と 11Sフリーボディー の違い
 
10Sフリーボディー と 11Sフリーボディー の長さの違い。

10Sフリーボディー と 11Sフリーボディー の違い

10Sフリーボディー と 11Sフリーボディー の違い。
11Sの方が、10Sよりも 1.85mm 長くなっている。

11Sのフリーボディーに 1.85mm のスペーサーを入れれば、

同じ長さになる。
 
 
11Sのフリーボディーに
10Sのカセットスプロケットを付ける場合、
 → 1.85ミリのスペーサーを入れればよい。
 
10Sのフリーボディーを、11S対応にするには、
フリーボディーの根元を、1.85mm 削ればよい
(切削工具が必要だが・・・)
 
左:10Sのフリーボディー、右:11S用に加工した(根元を削った)フリーボディー。
削ったハブは【NOVATEC ノバテック ロードハブ F172SB 】。
左:10Sのフリーボディー、右:11Sに加工したフリーボディー
 
 
 
7. 何故 10速ホイール に 11速スプロケ が付けられるか
 
【 CS-HG800 11s 】が、なぜ「10速ホイール(11s非対応)」に装着できるのか。

それは、11枚目が 34T と〔直径が大きい〕ので、

歯をオフセット(ホイール側にズラシ)し、

1.85mm 分をスペーサーとして分離させた為、

10s のスプロケットと同じ幅
になったからである。
 
CS-HG800 11s に付属している 1.85mm スペーサー。
CS-HG800 11s の 1.85mm スペーサー
 
【 オフセット 】をどうやって測定すればよいか解らなかったので、金属棒をカセットの底面に当て、11枚目の歯がどの位置にあるか調べてみた。
 
【 オフセット 】CS-HG800 11S の 34T 部分。判りにくいが、棒の沈み込みが大きい。
【 オフセット 】CS-HG800 11S の 34T 部分
 
【 オフセット 】Deore XT CS-M771 10s の 34T 部分。棒の沈み込みが少ない。
【 オフセット 】Deore XT CS-M771 10s の 34T 部分
 
【 オフセット 】105 CS-5800 11s の 28T 部分。棒の沈み込みが殆んど無い。
【 オフセット 】105 CS-5800 11s の 28T 部分
 
11枚目の、オフセットイメージ。

オフセットイメージ
  
 
CS-HG800 11S の 34T 部分は、
直径が大きいのでオフセットして、
ギアピッチ【 2.78mm 】を確保しても、
チェーンが 34T 部分に掛かっても、
ホイールのスポークには当たらない。
ということ?。
 

以上。
(2018.05.26)

 

スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 近畿サイクリングへ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください